2017年12月15日金曜日

赤血球という名のビストロ@Brest

Brestの街中に"Les Globulles Rouges"
(レ・グロビュル・ルージュ=赤血球)という名のビストロがありまして、
平日のランチも予約しないと席が確保できないほどの人気ぶり。

9月に初めて訪れたときのランチ(前半2枚の写真)。
豚のローストとジャガイモのピューレ、野菜とキノコのグリル。

このボリュームと食欲をそそる盛り付け、
見ただけで美味しそうでしょ?



デザートのフォンダンショコラ、クレームアングレーズ。
パッションフルーツのソースが良い仕事してます☆



11月下旬に食べたランチ。

大好きなお魚Rouget(ルジェ)のポワレ、唐辛子入りマヨネーズソース。
盛り付けが、野菜が…豪快かつ綺麗で美味しくて、幸せ♡



デザートはTarte au citron revisitée(レモンタルトのアレンジ版)、バルサミコソース。
土台のビスキュイがサクっと軽く、レモンクリームの口当たりと酸味も絶妙!


2回とも最近仲良くしてもらっている日本人のお姉さま、
Mさんとご一緒したのですが、Mさんがオーナーや店員さんと親しく、
彼らと話をしているのを見かけて一様に思ったこと。

皆さん目力があるというか、目に輝きがある!

自分たちのお店に、料理に、仕事に誇りを持っているんだろうなぁ、
と感じさせてくれる目の輝きと明るい話し方と自然な笑顔!

Mさんいわく、飲食店の従業員は入れ替わりが激しいものだけど、
このお店で働く人は長続きするそう。きっと働き甲斐があるんだろうなぁ。

どんな仕事でも、愛と自信を持って取り組んでいる人たちは
皆同じような目の輝きとプラスのオーラをまとっていると思います。

活気ある雰囲気の中、美味しくボリュームたっぷりのフレンチを食べたい方、
Les Globulles Rougesはオススメです♪

あ、ただし、メインのお皿がびっくりするほど熱いので、
素手で触らないように気をつけてください(苦笑)


Les Globulles Rouges
27 Rue Emile Zola, 29200 Brest
02 98 33 38 03

2017年12月14日木曜日

ブログ更新再開のお知らせ

たいへんご無沙汰しております、Miworldです。

自身のBlogを1年以上も放置し、
投稿が楽チンなFacebookに逃げておりましたが、
こちらを再開することにしました。

理由は、、、

FB上でくだらないことを投稿しすぎるからでしょうか(苦笑)
仕事の愚痴や独り言のようなことは、個人Blogで吐露したほうがいいかなと。

あとは、Brestや周辺の細々した情報なんかも
FBよりこちらに載せたほうが少しは役に立ちそうです。

というわけで、
またポツポツ更新していく予定ですので(いつまで続くか?)、
どうぞよろしくお願いします。

最後に、最近のHugoです。
5歳になってだいぶ少年らしくなりました。


2016年11月27日日曜日

タイ料理 Thai Phuket@Brest

気づけば11月も終わりにさしかかっていますが、、、

ブレスト市内においしいタイ料理、
というかアジア料理のお店を見つけたのでご紹介。

「見つけた」も語弊があるな、前からオススメされていて、
やっと機会を得て食べに行けたって感じです!

前菜は、メニューにあると頼んでしまう生春巻き(笑)

奥に見えるのはネム(揚げ春巻き)。ん、どっちもベトナム料理では?
そう、だからタイ料理というより、アジア料理です。

どちらも期待を裏切らない美味しさ、付け合せのサラダやミントが
新鮮でパリパリしているあたり、いい感じです☆

メインは初パッタイ!

甘辛ソースがクセになる美味しさ!
具の中に厚揚げの薄切りが入っていて、懐かしくて嬉しかったです(^^)

写真奥は「牛肉のバジル風味」という炒めもの。
ピリ辛ソースとバジルの香り、柔らかいお肉が白ごはんに合う!

この1週間後にもう一度足を運んで、野菜チャーハンを食べたけど、
フランスで食べた中で一番美味しかったです♡

Thai Phuket(タイ・プーケット)というちょっと安易な名前のお店で、
中心街のど真ん中にあって、100席ぐらいあって大きいので、
「チェーン店っぽいな、まずそうだな」と正直思っていたのですが、
嬉しい勘違いでした(^^;;

内装も綺麗だし、清潔だし、店員さんも感じがいいし、
値段も良心的だし、なんといっても美味しい!

自分のマンネリな料理に飽きたら、
がっつり揚げ物が食べたくなったらここへ行きます(笑)



23-25 Rue de la 2ème Db, 29200 Brest
09 67 34 00 27


2016年11月14日月曜日

10月後半の思い出

バタバタ過ごしていたら、あっという間に11月も半ば。。。

10月後半(というか最後の数日)は、
珍しくプライベートで外に出ることが多かったので、
撮りためた写真をアップします。

まずは、Landerneau(ランデルノ)という町の美術館で開催された、
シャガールの展覧会にアニー&フィリップと行った時の写真。

小さい町だからと高を括っていたら、なんと1時間待ちの行列!
秋休み、展覧会の最終日間際、そしてやっぱりシャガール効果ですな。


結局40分くらい待ちました。
幸い入口の前は広場になっていたので、ユーゴは放牧して凌ぎました。。。

一番ほっこりした絵、タイトル忘れちゃったけど。

これもほっこりしました。


同じ絵〜!というアピール。






青のサーカス。
黄色のサーカス。
イカロスの転落。
あの「勇気ひとつを友にして」のイカロスです!


お水飲みたい〜と訴えるユーゴ。
いやはや、期待以上に大作だらけの(?)展覧会でした!
この美術館、フランス西部を折檻する巨大スーパーLeclerc(ルクレール)財団のもので、
ルクレール家の故郷がランデルノというわけなので、この町に建てられたそうです。

巨大な財団と思われるので、世界的に有名な画家の展覧会も開ける、
かなり素敵な美術館のようですね。いつかピカソ展もやってくれないかなぁ、
うん年前にパリで振られただけにリベンジしたい☆


10月最後の日、31日はハロウィンパーティに参加しました!
ブレスト市内に住むCちゃんが、日仏チルドレンたちのために開いてくれたのです、
壁にこんなデコレーションもしてあって、すごい、本格的!







手作りスイーツもハロウィン仕様、指のクッキーがリアル〜!
爪はアーモンドだそうです、中から血は出てきませんでした(ホッ)。
ユーゴは今年、初めて仮装しました!かぼちゃくんです笑
ロンパースで細長いので、かぼちゃというよりニンジンですね。。。
























Cちゃんちのアパルトマンは広々として部屋がいくつもあるので、
大人たちはお菓子を持って各部屋にスタンバイし、子供たちはノックして回る仕組み。

お昼から夕方5時までひたすら食べ続けて、お腹はち切れそうでした^^;

最後に、配り損ねた我が家のお菓子たち。




















この日の夜、近所の子達が来るからと思って用意していたのですが、
急きょ外食することになり、出かける前に来てくれたのはたったの3人。。。
一人に10個ずつぐらいあげればよかった(おいおい)。

現在すこーしずつ、コーヒーのお供に食べてます。
ハロウィン直後は食べ過ぎのせいで、見るだけで胸やけでした(苦笑)

というわけで10月は仕事にプライベートに外へ出ることが多かったです、
11月からはまたいつもの生活リズムに戻ったので、ハイつまり引きこもりです^^;

2016年10月29日土曜日

お洒落ブラッスリー Le Carré@Brest

この10月は、外食の機会を何度も得ました。
ブレスト市役所から通訳のお仕事をいただきまして、3週間、
朝9時から夕方5時近くまでブレストの中心部で過ごしたので、
ランチは当然外で、夜も3回ほど外食でした。

子どもができると外での食事はなかなかハードルが上がるので、
そう気軽には行けないものですよね。お店のタイプも限られてくるし。。。

今回は最後の1週間が幼稚園の秋休みと重なったので、
アニーとフィリップにユーゴを預かってもらい、夜の外食はその一週間に決行!

で、今日ご紹介するのは、商業港にあるブラッスリー Le Carré(ル・カレ)。
前から気になっていたものの、とても子連れで行ける雰囲気じゃなかったので、
ユーゴ不在を利用して(?)訪れました☆

アペリティフはトロピカルなカクテル、
ノンアルコールだけど(運転手だったので)。

グラスの 縁にはピンク色のシュガーとココナツ、
カットフルーツの飾りも綺麗〜。テンション上がりますな!


前菜、オマール海老のラヴィオリ♡
パスタの下にオマールが隠れているわけですが、身は少ないかな〜
と思っていたけどゴロゴロたっぷり!一口一口幸せを噛みしめました(大げさ?)
エスプレット唐辛子とジロール茸がいいアクセントになっていて、美味!
これはぜひリピートしたい〜♡


メイン、Canette(カネット=雌鴨)のロースト


これもすごく美味しかったです♡
ソースはオレンジとビーツが入っていて、甘酸っぱさがお肉との相性◎!

そして付け合わせがなんとも不思議でおいしかった、、、
人参など小さくカットした野菜がぎっしり詰まった透明なギョウザ??
言葉でうまく伝えられませんが、そんな感じのドーム型でした。

盛り付けも綺麗だし、味も言うことなしで、満足度上がり続けます(笑)


デザート、フォンダンショコラ&塩バターキャラメルソース



















こちらは想像できる味。。。と思いましたが、ちょっと違った!
チョコレートの風味が独特で(どこかの産地が書いてあったけど、忘れた…)
ほんのり塩味!ブルターニュの有塩バターが入っていますな、間違いなく。

スプーンで割ると、お約束のトロ〜ん、テンションは最高潮(笑)
最後までおいしくいただきました♡


このディナーは、今回通訳で同行させてもらった日本人の方に、
「お世話になったお礼に」とご馳走していただいたので、選んだお店が期待以上に
良かったのは嬉しかったし、なんだかホッとしました〜

なんせ今まで子連れOKなレストランしか知らなかったから。。。
内装もお洒落でコースメニューのお値段もリーズナブルだし、気に入った!
ブレストのおいしいレストランを少しずつ発掘できて嬉しいMiworldです(*^^*)


Brasserie le Carré 

26, quai de la Douane 29200 Brest
02 29 61 10 00

2016年10月23日日曜日

4歳のお祝い(2)

10月16日、ロクチュディ Loctudy にて。
パピーマミーと一緒にみんなで「本番」のお祝いをしました!

食事が始まる前からにんまり。
どんなケーキかな、どんなプレゼントかな〜♫


出てきたケーキにびっくり!
なんとフィリップお手製巨大プリンにろうそく4本!

パピーのプリン大好きなユーゴ、最高のバースデーケーキです☆
渾身の力でフーーーーー!


お待ちかねのプレゼントは…
デュプロの電車と陸橋つきレールセット!

前夜母ちゃんが一生懸命ラッピングした包装紙を華麗にビリビリ〜
清々しい開けっぷりでした笑


パパと一緒に組み立て、いざ電車出発〜進行〜!

喜んでもらえてなにより♡

デュプロの電車セットは以前もクリスマスにもらったので、
今回のパーツと組み合わせれば 超大作ができそう!

レゴブロックは増えるばかり。。。専用収納ボックス買わなきゃね(^^;
今では家だの駅だの自分で作れるようになって、想像力もすこぶる豊か。
(たとえばタワーの頂上にベッドを置いて人を寝かせたり…ドS?)

相変わらずマイペースだけど、いつもニコニコ、
おもしろダンスで家族を楽しませて(笑わせて)くれます。

この1年も健康にスクスク育ってくれるといいなぁ。

2016年10月15日土曜日

4歳のお祝い(1)

裕悟Hugo、10月11日に4歳を迎えました!

今年のケーキはこんな感じ。
ピスタチオのマカロンで木苺とバニラクリームを挟んだもの。
ちょっと大人味、というか、完全に親の好みで選んでしまった^^;;

Joyeux Anniversaire(お誕生日おめでとう)のとんがり帽をかぶって、
記念撮影タイム♫

最近はカメラを向けるとおどけたポーズをとります笑
でも1秒くらいしか静止しないので、ピンボケばっかり 。

舌をペローンと出してみたり。

意味不明のポーズと表情だったり。

他にも10枚くらい撮れましたが、全部は載せません^^;;
FBに違うバージョンを2枚アップしてます。

あ、前髪がパッツンで大二郎みたいなのは、
母ちゃんの仕業です(苦笑)いつか伸びるし、許してね〜

「4」のキャンドルに火を灯し、フー!

消すのが早すぎて、フーフーしている瞬間を撮れなかった。。。
2歳の誕生日には何度吹いても火が消えなかったのに、というより
吹き方を知らなかったのに、なんという成長の早さ。

ケーキのほうは案の定、木苺の酸味とツブツブが苦手だった様子。
顔をしかめながら頬張っていました。マカロン生地だけは気に入ったみたいです。
やっぱりチョコレートケーキにすればよかったかなぁ、ごめんね。

今年の誕生日当日は火曜日、平日、ゆっくりお祝いできなかったので、
「本番のお祝い」を日曜日にアニー&フィリップの家で盛大に?行います!

だからタイトルは、4歳のお祝い(1)。
(2)では大きなプレゼントを渡すので、今から反応が楽しみ♫