2009年6月28日日曜日

サウナシアター

 母親からも友達からも勧められていた映画
おくりびと」をやっと見に行きました!
 
 欧米でのタイトルは「Departures」だって。Globe?古い??
でもこれだと送るほうではなくて旅立つほうでは。。。
ま、いいんだけどね。

 レンヌでこの映画を上映しているのはTNBという劇場の中にあるミニシアター。しかも1日1回だけ!毎日17時45分からです。最近改装されて綺麗になったので、映画館の中も新しくて良さそう〜と期待して部屋の中に入ったら。。。

 ものすっごく蒸し暑い!!

 夏でもわりと涼しいフランスでは、クーラーがない施設はまだまだ多い。この映画館はそうだったのかぁ〜。がっくし。しかもこの日は真夏日で、レンヌでも30度近くはあろうという蒸し暑い日だったので、映画館の中はまさに

 サウナ状態!!

 みなさんパンフレット片手にパタパタ。なんとも異様な光景でした^^;もう暑くて暑くて、とても映画に100%集中できなかったのが残念↓それでも評判通り、心温かくて涙を誘うとてもいい映画でしたね。ティッシュで涙を拭くのと鼻を押さえるのと、そして自分を扇ぐのに忙しかった私です(笑)

 文句無しのキャスト、

 心を揺さぶる音楽(久石譲さんでした!)

 そして初めて見る納棺師の優雅で思いやりのある所作、

 こんなに素敵な邦画を海外で見れて、同じ日本人として鼻が高かったです

 レンヌ(フランス)在住の方で、まだ「おくりびと」を見ていない人は是非お勧めですよ^^あ、でもレンヌの方は肌寒い日に行くほうが、映画館の中では快適でいいかもしれません^^;

 

2009年6月25日木曜日

寝不足

 フランスでは毎年6月最後の水曜日に
夏のセール★★始まります。

 そしてレンヌではこの日に便乗して、一般市民ではなく商人のBraderie(ブラッドリー。フランス版フリーマーケット。ここでは「叩き売り」とか「大安売り」)が街の中心で開かれます。超大規模なワゴンセール、と言えばわかるかなぁ。

 これ、フランスで2番目に大きいんだって。

 まあいいことだけど、レンヌって「フランスで2番目」がやたらに多いような(苦笑)。リス広場の朝市もフランスで2番目に大きいってよく聞くし、サンマルタン運河のブラッドリーもそれくらいの規模だったような。これは何かで1番取らなくちゃね?

 話を戻して、セールといえば毎年のように朝早くから街へ出かけ、フランスのマダムたちと肘をぶつけ合いながらも超破格の掘り出し物を探すのが楽しみな私^^この日も例外なく、セール仲間のスーちゃんと待ち合わせをしました。

 朝8時半に!!(ちなみにセール開始は8時)

 気合いだけは十分だったけれど、とにかく寝不足で頭がボーッとしていました。だって前の晩、バンちゃんの親友ミクが遊びに来ていて、寝たのが午前2時近く><まあミクは今住んでいる東京から出張でレンヌに来ていて半年ぶりの再会だったので、話が盛り上がったのも無理はないんだけどね。
 そんな寝不足に加えて、この日は夕方から1時間半の試験監督もあったので、果たして最後まで体力が持つのかとやや不安。でも結局は気合いのほうが勝ってしまい、いつものハイテンションでお目当ての店をガンガン回りました(笑)
 
 去年ほどの収穫(?)はなかったけれど、バンちゃんの仕事着用にワイシャツを3枚と、自分にはCotelacでショートパンツとノースリーブのトップスを購入。今年の夏日本で着るんだ〜♪ぐふふ。

 午前中の買い物には2人ともそれぞれに満足しつつ、ランチは予約していたみずなへ。前から食べてみたかった

「マグロのコチュジャン和え丼ぶり」
をついにいただきました!!

もうし・あ・わ・せ の一言。毎日でも食べたい^^
ありがとうみほちゃんベンちゃん

 午後もセールを続けたかったけど、いやはや試験監督の任務は重大。スーちゃんと泣く泣くお別れをし、自分に喝を入れて大学へと向かいました。あ、もちろんセールの戦利品は家に置いてから行きましたよ^^;いくらなんでも試験監督がセール帰りばればれじゃ、ね?

 試験も無事に終わり、さー帰って今夜は早く寝ようと思ったらバンちゃんからの電話:

 「ミクに今晩みずなで食べようって誘われたよ

 同じレストランに1日2回来店ですか(笑)

 でも全然平気!外食大好きみずな大好き♪おまけに晩ご飯も作らなくて済む〜♪と、またテンションだけは上がってしまい、夜はしっかり梅酒とお寿司を堪能したのでした^^

 で、結局帰宅したのが12時過ぎ><

 そして今朝はまた6時に起きて、8時半からまたまた試験監督。

 結果、寝不足悪化。

 結果、試験中にあくびを連発。

 トイレの鏡で自分の顔を見たら、明らかにむくんでいました。

 今こうやってブログを書いているけど、眠すぎてオチが浮かびません。とりあえずこれが終わったら昼寝します。昼寝なんてほとんどしない人だけど、もう限界。睡眠って本当に大事ね。。。 
 

2009年6月22日月曜日

ロワールな休日

 6月19〜21日の週末は、久しぶりにAngers(アンジェ)へ行ってきました。アンジェは仏文の先輩で、男兄弟がいない私がお兄ちゃんと慕う「べっち(もちろんあだ名)」が住んでいる街。大事な友達がいて、街自体も素敵なアンジェにバンちゃんを連れて行きたい!と前々からずっと思っていて、今回やっと実現することができました^^

 この週末には、べっちのほうでも土曜日にSaumur(ソミュール)というアンジェの隣町でソミュールワインの試飲&購入ツアーを計画していたので、私とバンちゃんも喜んで便乗させてもらいました!というのもこの地方で作られているSamur-Champignyという銘柄が2人とも大好きなので、その産地まで行って生産者から直接ワインを買うなんて素敵すぎるじゃありませんかそんなわけで、この週末は金曜の夜から張り切ってアンジェまで出かけたのでした〜

 土曜日は頑張って早起きし、べっちの愛妻Amandine(アマンディヌ)ちゃんが作ってくれたお弁当を持って、ロワール川沿いをドライブしながらソミュールへと向かいました。

 ソミュールのシンボル、ソミュール城。さすがワインの産地だけあって、お城の周りにも
 葡萄の木が植えてありました。ここの葡萄だけで
作られるワインがあったら希少価値高そう!!

ソミュール城からロワール川が真下に見下ろせます。
ここの芝生でしばし寝転んで休憩しました^^

ソミュールに着く直前に寄ったワイン工房(BOUVET-LADUBAY)
ここでは「スパークリングの赤ワイン」を試飲しました。
赤のスパークリングって初めて〜、美味しい^^
写真は熊本出身のなんちゃって兄妹です(笑)

 午後にべっちのお友達日仏カップルと合流した後、まずは地方のワインが一度にたくさん試飲&購入できるという場所へ行きました。案内人のニコラが10年前に訪れたときには、こじんまりとして趣のあるいい場所だったらしいけど、今ではスーパーマーケット並みの大きさに膨れ上がり、建物も内装も安っぽい。。。雰囲気的にはとてもいただけなかったけど、私たちを担当してくれたおじちゃんがとてもおもしろくてワインにも詳しい人だったので、それなりに楽しめました^^

次はスパークリングいっとくー?
 饒舌なおじちゃんに次から次へといろんなワインを勧められ、トークもやたら盛り上がるもんだから、結局この場所だけで2時間近くは居たと思う^^;バンちゃんは運転者で試飲できないし、私はワインに詳しくもなければ酒にも弱い。。。こんな超・試飲に不向きな夫婦だったので、ワインに詳しいニコラの意見に適当に相づちを打って、わかった振りをして、ここでは1本だけ食前酒用の甘い白ワインを購入。それだけかい!

 おじちゃんのキャラクターの良さはともかく、場所とワインには大いに不満だった私たち。こうなったらもう、直接生産者のところへ行って味見をしよう!と、適当に感じの良さそうなワイン生産農家へ行ってみました。案内されたのは雑多な事務所みたいな場所だったけれど、試飲したワインはどれも美味しくて、何にしようか迷ってしまうほど。まあ私の場合、飲めば飲むほどわけがわからなくなってきて、最後は周りが美味しいと言っていたものを選んだだけです(汗)。買ったワインは実家で飲むつもりだけど、バンちゃんをはじめ家族の反応が怖い!なんとも頼りない試飲者であります。。。
 旦那さんがうちらのワインを箱詰めしてくれている間に、奥さんが自慢のワインカーヴ(貯蔵庫)を案内してくれました!地下に掘られた天然のカーヴは冬でも夏でもほとんど同じ温度に保たれているので、ワインの貯蔵と熟成に最適なんだそう。中はとってもひんやりとしていました。

 初めて見たよ、ワイン樽の行列!

試飲用のスポイトとグラスを発見。
プロの仕事って感じがする〜

ワインカーヴの中は湿気もハンパじゃないです!
写真は奥さんイチオシの「カビアート」(?)
長い年月をかけて増殖したカビ。左側の盛り上がった
のなんて、まるでブロッコリーみたいに見えない?

 カーヴを出た後は、ソミュールに最近できたという「日本人経営の日本食レストラン(ここ大事!)」で夕飯を食べ、ニコラ&深雪(みゆき)さんのお家でお茶をごちそうになり、アンジェに帰り着いたのが夜中の12時半。。。なんとも濃く長い一日でした。今回知り合いになれた2組の日仏カップルはみんな個性的でいい人たちで、とても楽しい時間を過ごせました。さすがはべっちの友達だ^^


 翌日は、アンジェの街にバンちゃんを連れて行きました。

 お気に入りのカテドラル(大聖堂)
 入り口付近が修復工事中で、ちょっぴり残念。というかここ最近のアンジェは、年末の道路工事とトラム(市電)の建設工事のせいで、どこもかしこも工事中!!うーん、ツイてなかったね。「じゃあ次は(トラム工事が終わる頃の)3年後くらいに来る?」とバンちゃん。いや、もうちょっと前に来たいかなー^^;

 今回のちょっとした可愛い発見。
街中の歩道に所々埋めてありました。

これこれ、アンジェで一番大きくて豪華な
木組みの家。背景の青空がよく映えてますな。

 この家にはたくさんの木彫りの像が施されていて、
下の写真に写っているのは一番有名なもの。
なぜそんなに有名なんでしょう?拡大すべし!
よく見てみると、キャー

 
上の写真が最後というのもアレなんで、仲良し熊本兄妹のおバカ
 写真にてお別れです^^久々のべっちとの再会、楽しかったぞ!

 今回の休日はアマンディヌちゃんが仕事でほとんど一緒にいれずに残念だったので、次は2人とも時間があるときを狙ってお邪魔しちゃいます。バンちゃんもとても楽しかったみたいで、次回も乗り気なのでよかった×2^^ではまた会う日まで、お互いの地で仕事にプライベートに頑張らなんたいねー(と、熊本弁でシメときましょう)

2009年6月16日火曜日

食べて飲んで遊んで

 1月に我が家で開いて好評だった
シャルキュトリとワインのアペロ
の第2弾を、6月14日の日曜日にやりました^^
※「シャルキュトリ」を知らない方はコチラをクリック。

じゃーん。見よ、この豪快な食べ物たち!
 写真の中央に見えると思うけど、おつまみの中にこっそり、
ノルウェー土産の「トナカイの薫製」を忍ばせました(笑) トナカイさん、まずはみんなに味見をさせて何のお肉か当てさせました。意外に一回では正解出なかったな〜^^ちなみにお味のほうは、塩辛い(それだけかい!)。でも男性陣にはかなり好評でした。いつの間にか無くなってたし。
 でも悲しいかな、トナカイに注目された時間、わずか数分。だって天下のシャルキュトリにはトナカイでも敵いませんもの!パンもパテもリエットもワインも、はあ〜(美味しい溜め息)。

 2時間ほど食べて飲んでしゃべってを繰り返した後、腹ごなしに外へ出てペタンクをやりました!もちろんワインと食べ物も持参ですよ(笑)最近うちのマンション前にできた広場が、
ペタンクに最適」とバンちゃんが連呼していたので、念願叶ってよかった^^

まずは女性陣にルール説明。

ワイン片手に余裕のプレー♪
のんびりまったり、女の戦いです。

てやっ!見よこの残像!

腹が減っては戦はできんね〜もぐもぐ。

絶対勝つぞコラァー!!

なーんてね、とっても朗らかだよ

僕もペタンクやりたいけど、まずは歩く練習。
アルウェンくん、もうすぐ8ヶ月^^

 はー今回も楽しかった!気候がいいうちにまたやりましょう

2009年6月7日日曜日

1周年

 2009年6月7日は、私とバンちゃんの、

結婚1周年記念日でした^^

 あの日からもう1年が経つなんて、早いものです。
 これからも2人仲良く頑張っていきますのでどうぞよろしく。

 そして今年の6月7日にはもうひとつ嬉しいことが!

ロジャー・フェデラー様、
全仏優勝おめでとう

  ついに念願の4大会制覇を果たしました!強い男性が流す感動の涙には心を打たれますな、もらい泣きしてしまった^^;それを横目で見ながら苦笑するバンちゃんでした。

 
 で、肝心の結婚1周年に話を戻して。。。

 結婚記念日には美味しいものを食べたい!と思っていたので、何軒か知っているレストランに電話をしたのだけど、なぜか
土曜日は休みです」という理由で断られた運の悪い私たち。一番稼ぎ時の土曜の夜に営業しないレストランって、そんなにあるの?だいたい記念日の7日は日曜でどこも休みだから、前日の土曜日で我慢してやろうというのにさ〜
 頭の中に「?」マークが飛び交う中、インターネットで調べてたまたま見つけたレストランを勢いで予約し、食べに行ったところ。。。大当たりでした☆

 その名もLe petit sabayon
 場所はコチラ

 若いご夫婦が2人だけで営業している小さいレストラン。でも内装もインテリアもとてもシンプルで趣味が良く、サービスも丁寧で迅速。そしてご主人が丹誠込めて作る料理といったら見た目も味も、もう!へんぴな場所にあるのに、週末は予約しておかないと常に満席みたい。よかった〜。最近思うんだけど、夫婦2人で営まれているレストランってどこも美味しくない?思いつくだけで何軒もある。。。きっと何かある!

 文で説明してもキリがないので、私が食べたものを写真にてお届け。せめて「美味しそう」は伝わるよね^^;

前菜
ガンバス(海老)とグリーンアスパラのポワレ。
アスパラクリームとトマトのソース添え。

主菜
マダラの魚介ソース、ブラッドオレンジ風味。
季節の野菜とポレンタを添えたもの。

デザート
自家製カシスのシャーベット(激ウマ)
ダークチョコレートクリーム(やばウマ)
木苺のジュレとピスタチオケーキ添え。

 口コミでも「デザートが素晴らしい」とあったけど、まさに!特にこのデザートは、香ばしいアーモンド&塩キャラメルのチュイルとチョコクリームとの相性がやばかった〜><

 思いがけずいいレストランを発見できて、結婚1周年のお祝いはより素敵なひとときになりました。はー美味しかった。。。帰り道でも「美味しかったね」を連発しすぎて、またまたバンちゃん苦笑^^;レンヌ在住のみなさん、お勧めです。要予約!

2009年6月5日金曜日

ファイナリスト決定

 今日は天気予報によると「最後のお天気の日」だったのに、一歩も外に出ずじまい。だって、全仏オープンの男子シングルス準決勝が午後に2試合ともあったから。テレビにかじりついてワーキャー言ってました、もちろん一人で。

 両方ともファイナルセット(5セット)までもつれ込む白熱した試合の結果、日曜日に行われる決勝戦の出場者が決定しました!!

 まずはスウェーデンの
ロビン・ソデルリング
っていう名前でした。
 さすがあのナダルを倒しただけある、ただものではないテクニックと精神力でピンチを乗り越え見事決勝進出です。追いつめられても苛立って叫んだりせず、終始冷静さを保つ姿がフェデラーと重なって。。。好感度大^^ちなみにフランス人の解説者から、
「シベリアンハスキーに似てる」と言われてました、たしかに。

 そしてもう一人のファイナリストはもちろん、
 スイスの

ロジャー・フェデラー
写真のウェアは今大会用みたい。
 クールな彼も、勝利の瞬間は叫びます。

 今年は決勝にスペインや南米(土のコートに強いと言われる国々)の選手が残らなかった稀な大会。決勝では2人のクールメンが「んんー!」とか「ああー!」とか叫ぶことなく優雅で洗練されたテニスを披露してくれるでしょう☆

 私はもちろんフェデラーを応援します。だって全仏は4大大会の中で「唯一フェデラーが優勝していない大会」。おまけに過去3年間も決勝でナダルに敗れているから、今年こそ全仏を制覇して念願を叶えてほしい!でもソデルリングが勝ったとしてもいいかなー。

 決勝戦は6月7日(うちらの結婚1周年記念日☆だからなんだ!)。
 もーテレビの前でじたばたすること間違いなし^^;

2009年6月2日火曜日

プレゼント

 立て続けの更新になりますが、今日は嬉しいことがあったのでまた更新。

 今年受け持った生徒の中で一番私を慕ってくれた3人組が、

Miworld先生に渡したいものがある

と言うので、今日の午後お茶がてら街で落ち合ったところ。。。


 一人ずつから
アクセサリーをプレゼントされた
(左)ロラからのブレスレット
(中)オレリーからのネックレス
(右)マルクスからのアンクレット
 
 私が星好きだというのをちゃんと覚えていてくれて、
しっかり星モチーフをチョイスしているところが憎い^^

 なんでこんなプレゼントしてくれたの?と聞くと、
素敵な日本語の授業をしてくれた
お礼がしたかった
からだそう。くうー泣けるじゃないの〜!!
来年は手抜きできないじゃないの〜(ウソ)

 思えばこの1年、日本語教師1年生の今年、あっという間だったけどいろいろあったなあ。しみじみ。スパイダーマンを始め変なのもいたけど、ほとんどがいい子ばかりだったおかげで楽しい思い出のほうが遥かに多い。後期はストライキで大変な目に遭ったけど、そのストもいつの間にやら終息していたし^^;

 1年目は初めてのことだらけで、いっぱいいっぱいな場面も多々あったけど、一生懸命やっていれば学生はちゃんと見ていてくれるんだなあ。そしてこんな風に思いがけないご褒美が待ってる。金八先生の気持ちが今はわかるな〜。ってドラマ全然見てないけどさ。

 とはいえ授業の面ではまだまだ改善すべき点がいっぱい。フランス語もさらに上達させないとね、何人かの生徒にナメられんように(自覚あり)

 来年はもっとパワーアップして、また日本語の先生頑張りたいと思います↑もちろんプレゼントされたアクセサリーをつけて2年生の担当にもなれるといいけど。。。

初夏の実家

 5月最後の週末は3連休だったので、フィニステール県のPortsallにあるバンちゃんの実家でのんびりしてきました。ここ数日はお天気に恵まれ、気温もうなぎ上りのフランス。いよいよ夏ですな!この「夏らしい気温」が8月まで続けばいいけど。。。去年は寒かっただけに、微妙にトラウマになってます。

自慢のベランダからの眺め。
この景色を見ながらの朝食は格別

 夏といえどもけっこう肌寒いフィニステール北部だけど、この週末はぽかぽか陽気だったので、思い切って今年初の「外でランチ」に挑戦しました。

 今が旬のホワイトアスパラガスといろいろ野菜のサラダ。暑い日にはぴったりのランチですな。栄養バランスを考えて動物性たんぱく質もパテ(写真奥)でしっかり摂取いたしました。って単に美味しい物をたくさん食べただけなんだけど^^;

 デザートはこれまた今の季節にぴったりな
フルーツサラダ♪ビタミン補給も完璧ですな^^

 ランチの後は腹ごなしに近くの海辺をお散歩。黄色やピンクの花がたくさん咲いていて、チョウチョも(異常なほど)いっぱい。まだ6月にもなっていないというのに、海水浴を楽しむ家族がちらほら!水温は10℃そこらだと思うんですけど。。。

 歩き疲れたら近くのバーで冷たいものでもどうでしょう。太陽の下で飲むビールはたまらん!といっても写真左の飲み物は
パナシェ」というビールとレモネードを割った軽〜いもの。さっぱりしていて美味。お酒に弱い私にはパナシェくらいでちょうどいいのです(苦笑)

 夕飯の後は恒例の、家族でUNO大会(またかい)!お手つきや勘違いミス、ドロ4が3枚続いて12枚の刑などなど、笑いすぎて顎と腹筋が痛くなった(笑)2時間ぶっ続けでウノをしたせいで、映画を見そこねてしまった。。。

夜10時のベランダからの眺め。この時間になっても
まだまだ明るいから、夏のヨーロッパは好き!

 というわけで、いつも実家ではこんな風にまったり過ごしております。相変わらず嫁らしい慎ましさのかけらもないMiworldですが、このキャラがこちらの家族にもウケているようなので、このままでいいかな〜。いや、少しは精進せねば。。。

2009年6月1日月曜日

テレビかじり虫

 毎年5月末から6月始めまで、午後はテレビにかじりついている私であります。というのも、

 全仏オープンテニスRoland Garros
    の生中継をずーっと見ているのです。

 テニスは全くできないくせに(だけに?)、プロの試合を見るのが大好き。しかも男子シングルス限定(笑)男子の試合は最長5セットまであって白熱するし、プレーもよりダイナミック。それに男子の試合では、女子のシャラポワみたいな金切り声に悩まされなくて済むのもいい。男子の雄叫びもちょっと怖いけどね^^;

 テニスのコートには芝生やコンクリートなどいろいろあって、全仏のそれは砂に近い赤土。だからこの大会では土のコートに慣れているアルゼンチンやスペイン出身の選手が強い。そしてここ数年、全仏では2005年からスペインの

ラファエル・ナダルが4連覇中!















確かにナダルは強いけどさ。でも私は、













 フェデラーは英仏独語がペラペラで、態度はいつも紳士的。追いつめられても常に冷静さを保ち、最後には勝つ(ことが多い)!スポーツマンなのに暑苦しい感じがなく、知的な魅力に溢れているところが素敵^^

 そんなフェデラー好きの私としては、3年連続決勝戦でフェデラーを敗って優勝し、去年のウィンブルドンまで勝ってしまい、おまけにフェデラーを抜いて世界ランク1位の座についたナダルが気に入らない。ナダルは強すぎて試合を見てもおもしろくない!

 そんなこんなで今年の全仏オープンでも、ナダルの試合は全部スルーしていた私だけど、なんと!

 ナダルさん、たったの4回戦で負けちゃった。

 スウェーデンの人に(ぺぱこか、すごいね!

 
 2009年はいよいよフェデラーの年?ぐふふ。
決勝まであと1週間。最近は夏日和のいいお天気が続いているのに、いつにも増してインドアなMiworldであります。

 来年は生の試合を見に行きたいなあ。。。
チケットいくらぐらいするんだろう、と早くも心配(苦笑)