2010年12月27日月曜日

Noël 2010

 みなさま、クリスマスはどうでしたか?私たちは、今年はバンちゃんのご両親とお姉さん家族と、南Finistère(フィニステール)のLoctudyでのんびり過ごしました。

お姉さんMaryline宅の玄関ドア。
シンプルな飾りつけのリーフで気に入りました。
サンタクロースのお顔が緩〜い感じでGood

今年のテーブルセンターの飾りはこんな感じ。
 甥っ子2人が庭で落ち葉などを拾い、シルバーのスプレーで色づけしたそうです^^透明の石(?)は次男のテオ(5歳)が責任とこだわりを持って、「一直線に」並べたんだとかw親子一緒にクリスマスの飾りづけをするって、いいね〜

クリスマスのディナーで特に気に入ったのがコレ!
ホタテ貝柱のソテートリュフ入り
 薄切りにしたトリュフをホタテの身で挟んで軽くソテーしたもの。シンプルなのに贅沢な素材と風味で美味しかった〜^^ちなみにソースは牡蠣のダシに生クリームを加えて軽く泡立てたものです。

25日の朝は恒例のプレゼントターイム!
 はー自分のを探すのも包みを開けるのも大忙し(苦笑)フランス人の子供たちって、この時期だけでプレゼントもらいすぎやろ〜と思うのは、私とバンちゃんだけ?ま、クリスマス商戦のおかげでフランス経済が少しでも潤うならそれはいいけどね^^;

 ちゃーんとブッシュ・ド・ノエルも食べました♪
 こってりバタークリームだけど、ヘーゼルナッツの風味がしっかりで美味しかったです。土台のクッキーも素朴なお味で◎今年のクリスマスの食事は魚と野菜中心でさっぱりだったけど、最後のデザートでしっかり食べ過ぎラインに到達した感じです(苦笑)

 さて、いよいよ明日、日本へ帰省します!この2週間ほどバタバタしてまるで実感が湧かなかったけど、荷造りが9割がた済んだ今、じわじわテンション上がって来ました↑寒波による雪の被害も一段落したようだし、明日は無事に飛行機が飛びますように…みなさんどうか祈っていてください

 ではでは、日本からブログの更新ができるかどうかわかりませんので、この場を借りてご挨拶しておきます。みなさま2010年はたいへんお世話になりました、来年の2011年もマイペースにブログを続けて行きますので、今後ともMiworld@Rennesをどうぞよろしくお願いいたします^^

 Bonnes fêtes de fin d'année

2010年12月23日木曜日

あっという間

 最近なんやかんやと忙しくしているうちに、もうこの日が来てしまいました。

 クリスマス・イヴ(今午前0時を少し過ぎたところ)

 今年のクリスマスもFinistère(フィニステール県)でバンちゃんの家族と一緒に過ごします。全員分のプレゼントも無事に「包装紙を買い足すことなく(前回の記事参照w)」ラッピングできたし、あとは忘れずに車に詰め込むだけです^^;

 道中、あんまり渋滞していないといいな…それは無理な相談?

 道路が凍結してないといいな…ブルターニュではあんまり心配ないかな。

 みなさま、どうかそれぞれに楽しいクリスマスをお過ごしください。食べ過ぎとガストロ(胃腸炎)には要注意ですよ〜

 Bonnes fêtes de Noël

2010年12月16日木曜日

チェックなIKEA

 今日は小雨の降る寒い中IKEAへ行ってきました。2010年最後のIKEAだな〜(と勝手にしみじみ)。目的は「クリスマスプレゼント用の包装紙」。そう、クリスマスまであと一週間に迫って来ましたからね、そろそろプレゼントを包まないと(フランスでは自分でプレゼント包装をする人が多いのです。日本みたいに包装のプロ!な店員が少ないので…)^^;豊富な色柄とコストパフォーマンスではIKEAに勝るものナシ!と思い、はるばる行ったのですよ…

 で、つい予定外のものも買ってしまうのがIKEAの魅力であり魔力。今年の冬はやたらとこの柄の商品が目立ちます。


枕カバーも

ペーパーナプキンも
サンタクロースにプレゼントを入れてもらう(?)靴下も!

 うちはバンちゃんがチェック嫌いなので、我が家にはひとつも購入しませんでしたが、日本へのおみやげにゲットしました(写真の中からではないけど)^^チェック柄の他にも濃い青の星柄、真っ赤なハート柄、今年流行のノルディック柄などなど、この冬のIKEAは赤と青を基調にした可愛い商品が盛りだくさんで、この冬限りと思うと要らない物もついつい買ってしまう…IKEAマジックは怖いですなぁ。

 で、肝心の包装紙ですが、地味なのしか残ってなかった 。゚(゚´Д`゚)゚。

 クリスマス直前のこの稼ぎ時に在庫不足とは、なんたる失態!このためにわざわざバスとメトロを乗り継いで行ったのに…こんなことならもっと前に買っておくべきでした。繁忙期に人気商品が在庫不足って、フランスではよくあることだもんね。とまあ軽く失望もしつつ、いつものホットドッグ→買い物→お茶@カフェテリアでしっかりIKEAを満喫したので、結局は楽しんで帰りました(じょーじ付き合ってくれてありがと

 ああでも包装紙どうしよう…家に残っているので足りますように。他に「ここの包装紙は安くて可愛い」というお勧めのお店があったらおしえてください、s'il vous plaît><


 

2010年12月11日土曜日

クリスマス仕様

 早いもので、2010年のクリスマスまであと2週間!レンヌの街もすっかり「いつもの」クリスマス仕様になったので、気分を味わいに出かけてきました。

Place du Parlement(旧高等法院広場)で毎年開催されるクリスマス市。
 規模は小さいしお店も毎年代わり映えしないのですが、一応ブルターニュっぽいスタンドがあったので写真に撮りました。

クリスマス市で見かけた今年の新顔!?
サンタクロースへの手紙用ポストw
 なんともまあ間に合わせな感じです(苦笑)Lettresの【s】がマジックで手書きになってるし…微妙な傾き具合からしても子供でさえ「大丈夫か〜?」と疑いそうな造りです。

 ある通りで見かけたクラゲ型のイルミ
他にも何匹かぶら下がっていました。クリスマスっぽい…のか?

そして中心街には「いつもの」クリスマスイルミ〜
デジカメの性能が良くないのでこんな画像ですみません…

 なんだか非難めいた書き方になってしまいましたが、いつも同じでもなんでも、イルミネーションで煌めく街を歩くのはそれなりに心が躍る気持ちのいいものでした。みなさんもうご家族へのプレゼントは全員分用意されましたか?我が家はこの週末から慌てて動き始めました。こういうときAmazon.frの存在は助かります^^;

2010年12月8日水曜日

コメント→スパム?

 ここ数週間で何人かの方から指摘をいただいたのですが、せっかく私のブログへコメントしてくださっても掲載されない、というアクシデントが発生していたそうです。

 原因がよくわからなかったのですが、今日ブログの管理ページへ飛んだら、みなさまの最近のコメントがほぼすべて

 スパム扱いされていました (゚Д゚;)

 幸い削除されてはいなかったので、「スパムではない」というチェックをつけて保存をしたら無事にブログに反映されました(ホッ)。

 これからは時々この管理ページを確認してみなさまのコメントがちゃんと掲載されるように気をつけますので、今後とも温かいコメントをいただけると嬉しいです。

 ではでは、今回はご迷惑をおかけしました〜 ○| ̄|_

 今からみなさまの過去のコメントに返事をしに行ってきます(苦笑)

2010年12月7日火曜日

手作り☆ごはんの友

 昨日は本当に久しぶりに、日本女子3人でゆっくり集まる機会ができたので、我が家でランチとお茶をしました。お昼ご飯に食卓に並んだ「ごはんの友」はこれ!

「手作り」梅干しキムチ
 作ったのは私ではありません(苦笑)梅干しbyみほちゃん、キムチbyすーちゃん、私→差し入れしてもらった人ですw

 梅干しもキムチも「買う物であって作れるものではない」と思っていたけれど、意外に簡単にできるそうです。まあフランスの地方都市ではアジアの珍味を買いたいと思っても買えないのが現実なので、わざわざパリへ行くより「自分で作れるかもしれない、作ってみよう」という気になりますわ。それにしたってこの出来は素晴らしい!梅干しは紀州梅みたいに身がトロトロで、キムチはちょうどいい辛さ&あっさりなお味でとても美味しかったです(´∀`)ちなみに今回のランチの献立は→

 麻婆春雨by永谷園(白ごはんに合うんだこれが)

 人参とセロリの中華ピクルス

 チジミ風じゃがいも餅(見た目最悪でしたが味は◎)

 白ごはん

 フォンダンショコラ(熱々半生のチョコレートケーキ)

 でした(食べるのに夢中で写真に撮り忘れましたが)。麻婆春雨に梅干しにキムチに…白ごはんとの相性が良すぎて女3人で3合近く食べました(笑)こちらへ来てからというもの、熱々の白ごはんとお味噌汁だけで至福の気分に浸れる安上がりなMiworldです。

 アラサー日本女子3人で食べて飲んで(コーヒーとお茶ねw)話して笑って…あっという間に過ぎたけど楽しい一時でした(●⌒∇⌒●)こうやって気の合うメンバーと定期的に集まって心置きなく話をするのは、心身ともにとてもいいことだと思います。また明日からフランス生活頑張ろうっていう前向きな気持ちになれるというか…+(プラス)美味しい食事で相乗効果大です(笑)

2010年12月2日木曜日

とうとう雪

 フランスに寒波が押し寄せて1週間。各地で大雪の被害が出ていたけれど、レンヌでは幸い晴れの日が続いて厳しいのは寒さだけ、といった具合でした。が、ついに、今日は午前中からパラパラと雪が降り始め、どんどん勢いを増しております

我が家の北側の景色。降っている雪を撮るのは難しいっす。
南側のテラスから見上げて撮ってみました。竹3兄弟も寒そう…

 竹の反対側で、この夏からパピルスの水栽培をしているのですが、数日前から寒さで鉢の水がカチコチに凍っています><大丈夫かな…どうか死なないでおくれ〜
 竹もパピルスも、家の中に入れてあげられればいいけれど、ものすごい重さでビクともしないんです…どちらも温かい気候が向いている植物だと思うのでかわいそうになってしまいますが、非力な主人を許しておくれ(涙)

 そして今朝車で仕事へ行ったバンちゃん、無事に帰って来れますように…フランスにお住まいのみなさん、被害に遭われていませんか?外出の際はどうぞ足下にお気をつけて。

2010年12月1日水曜日

ああ公共機関

 ※今日は珍しくちょっと真面目な話です。

 お昼のニュースを見ているとき、公共機関での契約が終了した考古学者たちが失業手当の支給開始が遅すぎるのを理由に抗議に出向いた、という話題が出ました。ある女性は2ヶ月半、ひどい場合は契約終了から5ヶ月も収入ゼロの人がいるそうです。

 私も彼らと同じ状況になりかねなかったので、とても人ごととは思えずに胸が痛みましたよ…というのも私の手当が前の職場から「直接」支払われる場合には、申請から最初の支給までに最低2ヶ月はかかると言われましたから><ところが幸いなことに、今年からその窓口が職業安定所(Pôle emploi)に移ったせいか、10月半ばに職安で最初の面接をしてから早くも月末には9月分の手当が振り込まれていたんです!(とはいえ9月29日付けの登録だったのでたった2日分でしたけど。苦笑)前の職場に失業届を頼んだのが9月20日前後とスタートが遅かっただけに、私はなんて運がいいんだと思わずにはいられません…

 公共機関で働くというのは、正規の採用であればいろいろと保障があっていいのでしょうが、非正規だと不安定で地獄のようですね。公共機関という一見しっかりしていそうな場所で働いたのに、契約が終了したとたんに放置されてその間無収入なんて…しかも、私企業では一般に期限付き契約の終了時には「失業に伴う補償金」が年収の何割分か支払われるそうですが、大学などの機関ではそれも無いのだからよけいに深刻です。

 私企業のリストラやコストの低い海外への移転は散々に非難しておきながら、公共機関内でこのような事態が起こっているのを放置しておいていいんですかね?フランス政府。

 ともあれこの国の公共機関で「安全に」働くためには、採用試験にパスして正規の公務員になるしか方法はないのだな、と改めて痛感したMiworldです。そもそもフランス人でない(フランス国籍を取得していない)私に公務員試験を受ける権利は無いんですけどね(苦笑)