2011年5月9日月曜日

宝探し@Rennes

 先週末はバンちゃんの高校からの親友、レミちゃんと彼女のエノラがパリから遊びに来てくれました。昨日の日曜日は何やら「宝探しをする」と言っていた彼ら。何のこっちゃ?と思いつつ詳しく話を聞いていると、GEOCACHINGという宝探し専門(?)のサイトがあるそう。

 興味がある人はそのサイトに自分のアカウントを作り、住んでいる場所の近くにお宝を隠し、それを他の登録者たちに探させる&自分も他の人の隠したものを探して楽しむ、というコンセプト。写真を見ながらどういう流れか説明しますね〜

最初の目的地はレンヌ市街地の東、Obertur(オベルチュール)公園。


カモさんの親子を発見!春ですなぁ、癒される〜

 宝探しの場所を「レンヌ」で検索すると、どの場所にあるかざっとおしえてくれるので(といってもレンヌだけでたーくさんあります!)、まずはその場所へ行きます。さらにiPhoneなどGPSつきの携帯を持っていると数メートル単位まで場所を教えてくれるので便利GPS携帯を持たないレミちゃんとエノラは、自力で探して1時間近くかけることもあるそう。そして3分の2の確率で発見できないそう^^;

かなり本気モードであちこち探すバンちゃんw
 
 GPSの指示だけで見つからないときは、「ヒント」をクリックすると細かい手がかりをおしえてくれます。iPhoneさまさまですね(笑)

 
ついに見つけた最初のお宝場所はもちろん秘密ですよ〜
 お宝は金品財宝なんかではもちろんなく、写真のように雨風に耐えれるプラスチック容器に入っています。GEOCACHINGに参加しているのを証明するべく、写真のステッカーや容器類もオフィシャルサイトから購入できます(けっこう高いけどw)。箱の中身は…

ピンバッチやらメトロの切符やら、いわゆるガラクタです(笑)
 宝箱自体が小さいので、中身も小さい物でないとね…箱にはメモ帳が入っていて、そこに発見した日付と名前、隠し場所のコメントを記入します。そして箱の中から気に入ったお宝をひとつ選び、自分が用意したものを代わりに入れます。そのことも忘れずにメモ帳に記入します。私はフィニステール県のピンバッジをもらい、代わりに50円玉を入れました。外国の硬貨や遠い街のバスの切符など、些細だけど珍しくて嬉しいものってありますよね^^それが参加者の手によってどんどんいろんな場所→国へ移動していくと思うと、おもしろい

 というわけで、GEOCACHINGは純粋に「宝探し」を楽しみたい人にお勧めのサイトです。気になる人は是非チェックしてみてください。宝探しなんて20年ぶりくらいにやったけど、子供に返った気分で思いのほか楽しめましたお子さんがいる家庭で参加するともっと楽しいでしょうね^^あ、でもこの宝探しは「他の人に見つからないように」しましょう!というのも宝箱は元の場所に戻すのがルールなので、発見しては戻す、発見しては戻す… それが目的ですからw

 興味ある方、今度一緒にやりませんか?

4 件のコメント:

su さんのコメント...

宝探しゲーム、都会ならではの遊びって感じやね。
地図じゃなくてGPSやiPhoneで探せるとこが今どきっぽい(笑)

でも誰が考えたんか知らんけど、最近の遊びってすごいね。

Miworld さんのコメント...

>suちゃん
こういうのをビジネス(メモ帳とかTシャツもあるw)にする発想もすごいよね!いいとこついてる☆

GPSあったからこそラクチンだったけど、自力で探すとなるとよっぽど好きじゃないとね(苦笑)

saori さんのコメント...

遊び心があって面白いですね♪

子供の頃「100万円探し」と言って
いとこの3兄弟と宝探しして遊んだのを思い出しました。

Miworld さんのコメント...

>さおりちゃん
ね〜、発案した人すごい☆宝探し自体を楽しむのが目的、っていうのがまたいいよね。小物たちが世界を旅して行くのも素敵♪