2012年3月26日月曜日

パリで噂の?ビストロ


いよいよフランスは春真っ盛り、今週はずーっといい天気です!
この土日に崩れるらしい、というのが皮肉ですけどね(苦笑)

3月のパリ滞在中に是非食べに行ってみたいビストロがありました。
それがコチラのお店@パリ10区、「Le Galopin(ル・ガロパン)」。

サンマルタン運河から遠くない場所にあります。Au centre
シンプルかつ清潔で可愛いらしい外観&内装で、
お店は小さくて感じのいい広場に面しています。

オーナーシェフはこの若者、Romain(ロマン)さん。
 民放のM6が年初めに3ヶ月間放送する人気番組、TOP CHEF(トップ・シェフ)の初代(2010年)チャンピオンです。プロの料理人15名(たしか)が料理の
腕を競うコンクールで、毎回奇想天外なお題の末に一人ずつが脱落していき、ラスト3名が最終回で決勝戦という勝ち抜き番組。1回の放送が3時間もあるので長丁場ですが、開始から好きで見ている数少ないフランスのテレビ番組ですw 初代覇者のロマンがついに自分のレストランをオープンしたと聞いて、是非食べてみたい〜!と張り切って予約しランチに乗り込みました(笑)

 隙あらば本人に話しかけて写真をお願いしたかったのですが、この日の彼は異様に疲れている様子で無精髭。おまけに店内は満席でとても忙しそうだったので、遠慮しておきました(ここがビビリな日本人、ちぇっ)。下の写真にチラっとだけ写っています。

 シェフと話をしている男性2人のうち黒いスーツの彼は、なんかどこかで見たことがある顔でした。ひょっとしてテレビに出ている人かも…わからない。ともあれ既に常連っぽい雰囲気で、連れの男性にシェフを得意顔で紹介していました。


 さて前置きはこのくらいにして、肝心のランチ!ビストロということもあって、有名人(?)のお店にしてはとてもリーズナブルです。前菜+メイン+デザートで24€はパリの相場からしてもお安いほう、嬉しいですねメニューはコピー用紙のような紙に手書きで(乱雑に)書いてあり、上には日付まで。…ということは日替わり!?もしそうだとしたら、すごいこだわりです。記念にお持ち帰りしたかったけど、下げられました(苦笑)

前菜に選んだのは鯖のフィレ、カリフラワーのピュレ。
 下に見える茶色のソースはなんと日本のお味噌です、ということは鯖味噌!?いえいえ、ちゃんとフレンチの雰囲気でしたw鯖は生と言われましたが、生魚がダメな私はお願いして火を通してもらいました。とろける食感に調理された鯖と新鮮なお野菜、カリフラワーのピュレがこれまたすごく美味しくて、優しい味にうっとり

 ちなみに前菜の上にリンゴの千切りが見えるでしょうか(グラニースミスという皮が黄緑色のリンゴです)。ロマンは番組でよくこの千切りを飾り付けに使っていたので、今でもこれが好きなのね〜と思いつつ実際に食べられて嬉しいのでしたw

 続きましてMiworldの主菜、白身魚のポワレ、新ジャガと野菜。
 お魚はシンプルにフライパンで焼いたものと思われますが、絶妙にプリプリして最高の焼き加減!さすがあのハチャメチャなコンクールに勝っただけある腕前です!右端にはみ出しているのは、若いポロ葱を丸々1本ローストしたもの、ほんのり甘くて美味しかった〜こんなダイナミックな調理の仕方もあるのね、と感心です。粗く潰した新ジャガもいいお味だったし、黒オリーブとケッパーがほど良いアクセントになっていて大満足^^

こちらはナミが頼んだメイン。豚肉のロースト、南瓜のピュレ
 一口味見させてもらいましたが、お肉は柔らかくてジューシー、言うことなし!そして南瓜のピュレがこれまた美味しかった〜!こちらの人参も一本縦割りでダイナミックですねw薄切りの大根(たぶんradis noir)がフレッシュさを演出してくれて◎です^^

 午後はひろこちゃんちでプチ同窓会(&お茶会)の予定だったので、デザートは控えておこうと思っていたのですが、誘惑に勝てず食べてしまいました(苦笑)

自家製ブラッドオレンジのソルベ、カカオのチュイル、
ミニパウンドケーキ。右に見える紫色はビーツです!
 こちらもシンプルだけど一つ一つが丁寧に作られていて美味しいデザートでした^^ふだんは野菜として扱われるビーツをデザートに添えるとは…なかなか良い存在感でした!ナミが食べたプラリネのアイスクリーム入りデザートも香ばしくて美味しかった(写真撮り忘れて残念!)

 …というわけで長くなりましたが、TV画面からはどうしても感じ取ることが出来ないロマンシェフの料理の香りや味、食感を楽しむことができて大満足のランチでした〜素材の良さを最大限に生かした優しい味、というのが私が得た印象です^^シェフ本人はげっそりして大変そうでしたが、人柄はきっと彼の料理のように優しいはず(と願うばかり)。

 記念写真を撮ることができなかったのは残念でしたが、ちょっとした後日談が…この日学校で一緒にランチできなかったまりちゃんが、次の週にディナーを予約したいと言うので、予約の電話を助っ人したときのこと。お店の人とフランス語で話してはまりちゃんへ日本語に訳し…というのを私が繰り返しているうちに、

あなた日本人じゃない?

 と相手に聞かれました。それを耳にした瞬間、あ、これはシェフだなと確信しました。というのも、ブロガー仲間のBさんが食べに行かれた際、シェフに「日本人でしょ?」と聞かれていたのを思い出したから。日本人を見抜く、もしくは日本語を判別するのが彼の中で今熱いのでしょうか?w私の方から多くは返しませんでしたが、シェフの微笑ましい?人柄を垣間見れた瞬間でした(げっそり顔を見て不安だったので、ホッとした〜)。

 ダラダラと書いてしまいましたが「Le Galopin」、お勧めのビストロです番組を見ていようといまいと、純粋に美味しい料理がリーズナブルに楽しめるので是非お試しあれ。座席数が多くないので要予約ですよ〜!

Le Galopin
34 rue Sainte-Marthe 75010 Paris
Tel : 01 42 06 05 03
Horaires : de midi à 14h30, de 19h à 22h30
Fermeture : dimanche et lundi

6 件のコメント:

bettyko さんのコメント...

こんにちわ〜。
シェフと一緒に写真撮れなかったんですね〜。私が行ったときも彼はMiworldさんの同じような感じだったので、頼めばきっと笑顔で対応してくれたはずっ!なので残念!お店の接客係の人に「シェフと写真とらせてもらえないですか?」と聞いて本人に伝えてもらうのがコツです?!・笑

ランチもおいしそう。21€だと思ってたのですが24€でしたね。次回はランチにも行ってみようかな。

Miworld さんのコメント...

>Bettykoさん
そうなんですか〜、勇気出して頼めばよかったかなぁ。私けっこうビビリなんですよね…シェフただでさえ頬がこけてるのに無精髭で目が死んでた(?)ので、なんか申し訳なくって。そういう顔つきなだけなんですかね(ひどい)?

次回はゆっくりディナーにも行きたいです、20時と22時の2回転って言ってました。それ以外の時間に来られるとサービスがスムーズにできないのでお客さんにも僕たちにも良くないんだよ、って。ふむふむ。

ランチは組み合わせによって値段が違ってました!前菜+メイン=21、メイン+デザート=19、3品=24だったような…リーズナブルですよね〜また行きたい☆

bettyko さんのコメント...

いや〜、私もかなりの勇気を出してお願いしました。幸い私が言いだす前に他のお客さんがシェフにお願いして写真を撮っていたのでこれはイケると・笑

ランチの値段、なるほどそういうことだったんですね〜。そう、ディナーは2回転のよう。約2時間で7皿食べないと行けないので結構早いペースで食べないとならなず、お酒飲みながらゆっくり食べたい私にとってはペースが早すぎるのがちょっと残念だなって思いました。かといって22時からディナーっていうのは日本人の私には遅すぎるかな、と。でもいろんなものが少しずつ楽しめるので次回は是非ディナーに挑戦してみてください☆

Miworld さんのコメント...

>bettykoさん
そうか〜私も便乗なら写真お願いできたかも(笑)嫌な顔されたらヘコみますもんね、勇気要りますよ〜

2時間で7皿はたしかにハイペースですね。私はお酒が弱くて食べるの中心なんで大丈夫そうですが、ワインもゆっくり楽しみたい方には残念かも。そうそう22時開始って、遅すぎですよね??フランス人でも遅いんじゃないかって思うくらい。それだけ食べに来たいお客さんが多いってことなんでしょうね^^

bettyko さんのコメント...

こんにちはっ。毎日天気が悪くてしかも寒くていやですね。
昨日、ガロパンへ行きたがっていた友人とまたまたディナーに行ってきました。
平日でスクールホリデー中のせいか、満席でしたが1回転のみだったので、食事が終っても私達はコーヒー1杯でかなり長居できました。そうしてる間に一仕事終えたシェフ2人が私達の隣の席に座り、ビール+葉巻をふかしながら翌日のメニューを真剣に決めてました。で、私達が帰ろうと席を立った際に「メルシー」と言ったところ、シェフの「日本人?」というお決まり?!・笑 の問いかけから会話が始まり、いろいろお話しちゃいましたよ〜。ニュースダイジェストにレストランが掲載された途端日本人客が増えたので、その威力に驚いてました。日本にも行ったことがあるそうです。ちなみに今回はお店に着いた際もカウンターからボンソワールと私と私の友人の顔をそれぞれちゃんと見て挨拶してくれました。やはりこの日は余裕があったのかな?!
そんなわけで?!ちょっと自慢報告(ごめんなさい)と狙い目は平日の夜?!というプチ情報でした^^
追伸:今年のトップシェフも優勝者決まりましたね。でも優勝したジョン、どうみてもお金持ちのボンボンだから、料理の腕前はさておき優勝賞金の行方という観点から言えば、シリルに優勝してほしかったなあ、と思うのは私だけでしょうか?

Miworld さんのコメント...

>bettykoさん
どうも〜最近ほんと不安定な天気ですよね、せっかくのバカンスが台無し(って在宅ワーカーなのであまり天気は関係ないですが)。またあの陽気に戻ってほしい〜

ガロパンは平日の夜が狙い目なんですね☆地方在住者にはちと痛いですが、いつか機会があれば行ってみます!日本に行ったことがあるんですね〜

今期のトップシェフですが、私もジョンはなんとなく気に食わなかったんですけど、彼の料理は本当に美しくて美味しそう!悔しいけど番組が進むごとにジョンが優勝するなって思ってました。シリルも実力あるんだろうけど、やたらフルーツを入れるので料理が甘そう…ってなんとなーく苦手な感じでした。料理は味がすべてw