2012年5月31日木曜日

やさしい人たちに囲まれて

2012年も明日から6月、ということはもう1年の半分まで来ているんですね〜月日の流れは本当に早いものです。フランスは先週から初夏の陽気とお天気に恵まれ、私もやっとレッスン中の足指用湯たんぽ&ひざ掛けから解放されました^^

5月は珍しくBlogを更新する時間とネタに恵まれ、6月も何かと書くことがありそうです。これもBlogで妊娠を報告したから…?かどうかはわかりませんが、初めての妊娠=初めての経験盛りだくさんということで、Blogに記録しておきたいことも自然と増えるのかもしれませんね。

さて、ここ一週間嬉しい贈り物がいろいろ届いたので、写真に撮ってご紹介します。まずは2ヶ月に1回ほど送られて来る実家からの「ゆうパック」に入っていたものたち。

安産祈願グッズあれこれ、と言いましょうか。

オレンジのお守りとお札は父方の祖母から。近くの村にある安産祈願で有名な神社へ行って買ってきてくれたそうです。もう85歳になろうとしているのに、祖母は背筋がシャンとしていて快活に家事をこなす、まさに日本の主婦の鏡です☆料理の腕もピカイチで、特にお漬け物!祖母が漬ける白菜と茄子はもう日本一と言いたいくらい美味しくて、それだけでご飯3杯はイケます!フランスに来て最も食べられずに恋しいものの一つです(辛し明太子に並んでトップ2ですね)。

お守りとお札のお礼に、先日父方の実家に電話をかけたところ、驚かれたのと同時にとっても喜んでもらいました。特にお腹の子が男の子だと告げたときは、涙声になって「よかったね」と言ってくれました。そして話の最後に祖母はいつもこう言います、「旦那さんを大切にしてあげなさいよ」って。祖父のことをいつも根気づよく優しく支えてきた祖母だからこそ自然に出て来る一言だし、その言葉に説得力があります。おばあちゃん本当にありがとう。

そしてピンクのお守りと年季の入った母子手帳はうちの母から。なんと「私の」母子手帳です!…ということは、私と同じ歳、いや10ヶ月年上…ひえ〜。30年以上も大事に保管してくれていて(当然かな?)、ありがたいものです。想い出として母から子へ受け継ぐものとして?大切に持っておきたいと思います。


家族以外の方からも心温まる小包みが届きました。Skypeレッスンを受けてくださっているフランス南西部在住のTさん、5ヶ月の男の子のママさんです。私のレッスンを受け始めてまだ2ヶ月と短いのですが、笑顔が素敵でとても親切な方で、よく息子のLくんを腕に抱いてレッスンを受けられるので、こっそり赤ちゃんについて質問をしては情報を得ていました(苦笑)Tさんにならいろいろと相談できそう、と先日思い切って自分の妊娠を報告したところ、とても喜んでくださり、お勧めの妊婦用グッズをあれやこれやと教えてくれたばかりか、お手持ちの本やマタニティ服を送ってくださいました!

妊婦用の健康本、マタニティジーンズ&レギンス2本、
そしてうっとりするほど美しい文字で綴られたお手紙!

温かいお心遣いに嬉しい気持ちでいっぱいになりました。とりわけ妊娠生活に関する本は著しく不足していたので、とてもありがたいし、写真の本は読んでいて気持ちがほっこりする癒し系&ためになる内容でページをめくるのが楽しいです^^他にもTさんにおしえていただいた妊娠線予防のクリームや妊婦用の日焼け止めなどなど、お勧め商品は2、3日のうちに注文しました(笑)近いうちに自分で◎首マッサージ用のオイルも作る予定です。レシピまで同封してくれたTさん、本当に至れり尽くせりで感謝です!お礼にブルターニュからささやかなプレゼントを贈りたいと考えています^^

Skypeレッスンを通して知り合う生徒様との仲は不思議なもので、ほとんどの方とは実際にお会いすることは不可能です。でも生徒様の中には地球の反対側に住んでいらっしゃるにもかかわらず、週に3回以上顔を合わせる方が何人もいます。1回のレッスンは約1時間だから、週に3時間はその方と世間話をするわけで、仕事や生活スタイル、家族構成等に次第に詳しくなっていきます。同じ街に住んでいる友達よりもしょっちゅう顔を合わせているので、体はすごく離れているけれど心は近い、という不思議な繋がりが生まれます。もちろん基本的には講師と生徒の仲なので、個人的に仲良くしすぎてはいけないのですが、Skypeを用いたビデオ会話を通して芽生える絆や友情というものは確かにあるんだろうな、と感じる今日この頃です^^

わ〜相変わらず長くなりすぎてしまいましたが、家族をはじめ応援してくれる心優しい人たちに囲まれて、とても充実したマタニティライフを送っているMiworldです。お腹の子もたくさんの人に喜んでもらえてきっとテンション↑↑なはずです(ここ最近プクプクとよく動きます、特に食べているときw)。彼が元気に生まれて周りの人たちに恩返しができるよう、体に気をつけて後半の妊婦生活頑張りたいと思います^^

2012年5月27日日曜日

Cancale歩き、絶品ミルフィーユ

5月最後の三連休、中日の日曜日は天気予報に反していいお天気の朝を迎えたので、バンちゃんに頼んでドライブに連れて行ってもらいました♪平日はずーっと家の中に閉じこもって仕事をしているので、外の空気にどうしようもなく飢えていたのです(苦笑)

どこに行きたい?と聞かれてパッと浮かんだのが海!というわけでレンヌから車で1時間以内で行ける港町、Cancale(カンカル)に向かうことにしました。カンカルといえば美味しい牡蠣の産地として有名ですが、妊婦に生牡蠣は厳禁!おまけにバンちゃんもあまり牡蠣は好きじゃないので、シーフードレストランが立ち並ぶ港には行かず、今回は高台にある町の中心部へ行ってみました。

中心部の中心にある教会、変わった造りですね。
手前に写っている噴水、ブルターニュって感じ〜

カンカルの町には外壁の色が淡くてお洒落なブティックを何軒も見かけます。この日は日曜日でどのお店も閉まっていたけど、お目当てのパティスリーは開いていました♪前からバンちゃんを連れて来たかった場所です。その名も…

Grain de Vanille(グラン・ドゥ・ヴァニーユ)
「バニラの粒」という名前の可愛らしいお店です。

このパティスリーは数年前に「世界ウルルン滞在記」で女優のかとうかずこさんがパティシエ修行?のために滞在したお店だそう。なので日本人観光客がけっこう訪れるみたいです、モンサンミシェルからも割と近い場所にあるし。私もこのお店は日本人のお友達に教えてもらいました^^

サロン・ド・テの内装はレトロモダンな感じで素敵。写真のライトが特に気に入りました。店内に飾ってあるお花もとても綺麗です。


ここのパティスリーはブルターニュの有塩バターを使った焼き菓子がメインで、他にもマカロンやエクレアなど美味しそうなお菓子がずらり。中でも私のお気に入りはミルフィーユ!今のところ自分の中ではフランスで一番美味しいです♡これを是非バンちゃんに食べてほしくて、有無を言わさず注文させました(苦笑)

じゃーん、こちらが噂のミルフィーユです!

ぱっと見ただけで「香ばしくてサクサクしてそう」って思うでしょう?まさにその通りですw パイ生地がなんともいえず軽くて塩バターの風味と香ばしさがたまりません!このパイ生地だけで「パルミエ」を作ってくれたら大人買い間違い無しです。そして中のクリームがまた美味しい。もったりと重いカスタードクリームではなくバニラ風味のホイップクリームといった感じで、口の中でふんわりとろけます♪甘さ控えめなので食べ始めたらもう最後まで止まりません!表面にかかったカラメルがこれまたカリッと香ばしくて美味♡お茶菓子に出されたオレンジのマシュマロもふわふわで美味しかった〜

もちろんバンちゃんも大絶賛!3分くらいで食べ終わってしまいました^^;もっと味わえばいいのに〜それだけ美味しかったということですね、大ー成ー功!

美味しいお菓子で胃も心も満たされた後は、カロリー消費も兼ねて海沿いの散歩コースを歩きました。緑に覆われた細い道で、木々の合間から海の景色が見えます。地平線には対岸のモンサンミシェルも小さく見えました。


牡蠣の養殖場もパチリ。これでもごく一部だと思います。カンカルの牡蠣は小ぶりでほんのりナッツの風味が特徴とよく言われます。もうしばらく食べてないな〜。生牡蠣はフランスに来てから大好きになったけど、牡蠣とアルコールの組み合わせで必ずリセットすることが判明して以来怖くて口にしていません(涙)いつかきっと、牡蠣を楽しむことだけをメインにカンカルに戻って来たいと思います!


久々に太陽の光と心地よい潮風を浴びて、心身共にリフレッシュできました♪

2012年5月25日金曜日

女の勘は当たる?

今月はリフォーム工事を含め土日にレンヌに居ることが多く、ブログの更新もいつもより多めです。今週末はバンちゃんが同僚の引っ越し手伝いに駆り出されたので、私は家でゆっくり…ではなく特別に土曜日だけ事務のお手伝いです^^;

いや〜ここ数日やっと初夏らしいお天気と陽気でしたね!金曜の最高気温は28℃とか。こんな日に家に籠って仕事をするのは非常にもったいないけれど、仕方ない…そして皮肉にも土曜から天気は不安定(涙)気温は20℃以上と過ごしやすいみたいなので、天気さえ悪くなければ久々にドライブでも行きたいものです。

さて先日、出産を予定しているレンヌ市内のクリニックに行って来ました。私が抱えているちょっとしたトラブルの経過をエコーで確認するのが目的で、お腹の子が主役のエコー(2回目)は6月12日、場所も違うところです。今回のエコーを担当してくれた婦人科医(ジネコ)さんは30代前半と見られる若くてクールな女性。黄色いクロックスを履いてウェーブのかかった髪をなびかせ、颯爽と歩く姿がかっこいいです

余談はさておきエコー検査の結果は良好で、出産まで心配無いだろうとのこと。ホッとしました〜。ジネコはもちろん赤ちゃんの発育具合も確認してくれて、こちらも経過良好!相変わらず脚をバタバタさせている我が子でしたw

日本で言う6ヶ月(フランスの数え方では5ヶ月)だし、ひょっとしてもう性別わかるのかな?という知りたい欲が出てきて、思い切って聞いてみました(バンちゃんもその日の朝同じことをつぶやいていたし)。クールなジネコは「知りたいの?」、「Pourquoi pas ?(いいんじゃない?)」と私(クールぶってみる)。内心ドキドキしていたのも束の間、サラッと…

G「男の子ね」
M「…あ、そう?どうやってわかるんですか?」
G「ほら」

と、くっきり画面に映っている「アレ」を見せてもらいました!「間違いないわね」とジネコ。そりゃ〜これだけはっきり見えたら疑いの余地は無いでしょう(苦笑)心の準備も無くなんとなく聞いたらあっさり判明した我が子の性別、聞いてすぐは実感が湧かなくて検査の後もしばらくぽわ〜んとしていました。

実は私とバンちゃんはどちらかと言えば女の子が欲しいな〜という夫婦でした。バンちゃんの理由としては、家族の中に男が多すぎるし女の子はおとなしくて可愛いイメージ。私の理由は、ベビー服が可愛い、将来娘と街ブラしたいという単純なもの。とはいえ日本の家族で私の世代は女子が多いので、女の子を授かりやすいと勝手に思っていました。

ところが自分の子を妊娠して以来、無意識に男の子の顔を思い浮かべることが多く、子供部屋のイメージや可愛いと思った雑貨はどれも男の子向き。女の子用も考えなきゃと思いつつなかなか想像が膨らまなくて変な感じでした。それに先日パリに行ったときも、友達と話しながら浮かんだ我が子のあだ名は「ミカン太郎」。理由はこの頃の胎児の大きさがミカンくらいだと雑誌で読んだから、というくだらないものだけど、無意識のうちに男の子っぽいあだ名をつけていたのも…いろいろ思い起こすと、女の勘というか母の勘だったのでしょうか?無意識ってやっぱり何かすごい力がありそうです。

男兄弟がいない私に男の子の扱い方なんてわかるのだろうか?最初はちょっと不安でしたが、男の子を持つ先輩ママさんたちからは「男の子はいいよ〜可愛いよ〜」という意見がちらほら。女の子より病気しやすいとか、言う事を聞かないとか何度も耳にしたけれど、それもその子に拠るみたいです。バンちゃんの性格を受け継いだらきっと落ち着いたキャラクターだと思うので、今からそれを願うばかり(苦笑)

それに自分の経験上、幼少の頃から女子のグループより男子とつるんでいる方が楽な性格なので(それって女子からは嫌われるんですけど)、案外息子ちゃんとは気が合うかもです。女の友情って時に複雑すぎて、ちょっと何かあると陰湿なイジメや無視とかに発展するし、自分の子には私と同じ想いをしてほしくないな〜と思うと、裏表の無いシンプルな男子っていいかも!と、男の子への愛着がどんどん湧いて来ている今日この頃です。

まあ2人目を授かれるなら女の子がいいけど!結局どっちも可愛いですよね…
第一、健康に生まれてくれるなら性別はどっちだっていいんです、本当はね。

というわけでダラダラーっと長くなりすぎてしまいましたが、Miworldの第一子は男の子です!イケメンに生まれてほしいけど、そうじゃなくてもいいから、健康に生まれて思いやりのある子に育ってくれたらいいな。性別が分かってから彼も主張を始めたのか、数日前からときどきお腹の中が「プクプク」と泡立つ感じです。ついに胎動を感じ始めた!?

お腹も急に大きくなったように感じるし、いよいよ妊婦本番?です。


2012年5月24日木曜日

完了☆寝室リフォーム

長いようであっという間に寝室2つの工事が終わり、今週から労働者の生活リズムに戻ったうちら夫婦です(苦笑)特に私はレッスンきゅうきゅう+事務手伝いと、ハードな現実に引き戻されヘトヘトになりつつ、久しぶりのレッスンはやっぱり楽しいなぁと喜びを噛み締めてみたり。産休までしっかり働くぞ〜と気持ちを新たに頑張っております。

さてさて、バンちゃんが3週間ほとんど一人で頑張ってくれた寝室のリフォーム。まずは完成した夫婦の寝室を写真にてご紹介します。子供部屋は古い家具やガラクタが雑多に置いてあって、Blogでお見せするにはまだまだ時間がかかりそうです…

La nouvelle chambre parentale はコチラ!
壁紙が渋いでしょう、珍しいでしょう!黒、グレー、白が絵の具が滲んだように複雑で淡い模様を描き出しております。モダンな幾何学模様っぽさもありつつ水墨画のような古風な趣も感じられて、夫婦揃って即決でした☆貼るのは非常〜に苦労したけど(涙)モチーフ入りの壁紙は継ぎ目を合わせるのが本当に大変です。しかもこちらは幅が1mで通常の2倍だったので、壁紙が重いのなんのって…夫婦でヒーヒー言いながらほぼ一日かかって貼り終えました。もちろん翌日は体のあちこちが筋肉痛でした(苦笑)

残りの壁は暖かみのある薄いグレーに塗り直し、ベッドカバーは無地の紫や濃いグレーのものを買い揃えました。暗めの色ばかりで部屋がどんよりしないように、サイドテーブルとクローゼットのドアは光沢のある白です。ライトはシルバーのお揃いです♪

クローゼットの中はこんな感じです。(ごちゃごちゃしてすみません)

右は私のスペース、左はバンちゃん。それぞれワードローブと棚、引き出し2つゲットです。リフォーム前のクローゼットに取り付けてあった棚は粗末なザラザラの板で不便かつ不潔だったので、すべてを取り除き、「クローゼットの中身キット」を組み立てて機能的に作り替えました。写真では分かりにくいですが、ドアはガラスでコーティングされていてうっすらボーダー入りです。閉まるときはもちろん最後にブレーキがかかり、ゆっくり静かに閉じる最近流行りのやつ(笑)このドアがものすごーく高かったけど、目に見えるものだし妥協はせんぞ!と奮発しました^^;

引っ越しから2年半、やっと重い腰を上げて、うちら夫婦好みの寝室を完成させました!こういう雰囲気の部屋がお嫌いな方もいらっしゃるでしょうが、あくまで本人たちの自己満足ですのでどうかお見逃しを^^;ともあれ器用で我慢強いバンちゃん、本当に感謝です☆今では寝室に行くのが楽しみになり、ベッドメイキングもちゃんとするようになりました(苦笑)

さあ次は隣の部屋を仕上げないと…いつになるかわかりませんが、完成したらBlogに写真アップしますね〜

2012年5月18日金曜日

工事の息抜き@Rennes

寝室2つのリフォーム工事開始から早や3週間近く…
今日やっとすべての作業が終わりました!!!!!

予想どおり、いや予想以上の出来に大満足のうちら夫婦です♡
今週末は新しい寝室に合う家具を調達しに、IKEAへ行ってきます。
すべて完成して荷物の引っ越しも済んだら、写真載せますね〜^^

リフォーム最終週の水曜日、友達の日仏カップル(ミク&めぐみちゃん)がレンヌに遊びに来たので、息抜きに、久々にレンヌの街をぶらぶらしました。お昼過ぎに我が家で待ち合わせだったのですが、お茶菓子に素敵なものをいただきました!

今月2回目、LE DANIELのタルト♡
ピンクグレープフルーツのタルト、ピスタチオクリーム。
酸っぱい物が食べたい妊婦には最適のスイーツ!さっぱり&
ピスタチオのカスタードクリームが美味しいのなんのって!
新たなお気に入りに決定です。一人で3分の1食べましたw

タルトに舌鼓を打っておしゃべりも楽しんだ後、お天気がいいのでレンヌ散策に出かけました。といっても夕方5時過ぎであまり時間は無かったけど(苦笑)ブルターニュ司法議会の右側の道を上って…

道の途中で撮った写真。遠くから見ると、
この建物なかなか素敵〜と思ってパチリ。

建物の角に面白い道路標識を見つけました。
進入禁止、罪が重そう…

歩いて向かったのは、春の花で溢れる
レンヌ市民憩いの場所、タボール公園。

広い公園内をぐるっと一周した後、再び旧市街を通り抜けて最終目的地、お気に入りのビストロ "Le Bocal"で久しぶりのディナー♪

前菜はトマトのタルト・タタン、
ローズマリー風味(だったかな?)
初めて食べたけど、大ヒット!トマトほくほくで、
ほんのりした甘みと酸味が心地いい一品でした♡

メインは豚スペアリブ(かな?)のサテー
サテーって東南アジアかインドの味付けですよね?お肉にしっかりスパイスの味がしみ込んでいて美味しかった〜。新ジャガと野菜の付け合わせも◎。ここのビストロは付け合わせの野菜が非常に美味しいので素敵です。ちなみにめぐみちゃんは魚料理をチョイスしたのだけど、量が多くて全部食べられなかったので、私とミクでお手伝いwだって一口食べたらあまりに美味しくって、フォークが止まらなかった(苦笑)

デザートはこの時期を待ってました!イチゴサラダ♡
ピスタチオのキャラメリゼが添えてある定番デザート。

改めて"Le Bocal"の美味しさを実感。右腕にタトゥー入りの強面イケメンシェフ(でも陽気で優しい)も体格のいいウェイターさんも素敵です♡バンちゃんと「出産前にあと何回かは来よう!」と固く誓い合ったのでした(笑)いい息抜きになりました^^

2012年5月12日土曜日

バンちゃんの誕生日 2012

5月11日は、我が夫、バンちゃんの誕生日でした

今年はリフォーム工事まっただ中の誕生日だったので、レストランでお祝いはおあずけ。本人も心ここにあらずな感じで、当日の朝になっても誕生日のことを忘れていたくらい(苦笑)でも妻は忘れていませんよ!夕飯はバンちゃんの大好物でお祝いしました。

餃子で!!

手作りの焼き餃子に、野菜チャーハンに、卵とじ中華スープとサラダ。あれ、これって…単なる「餃子定食」じゃない?誕生日のディナーにはちょっとね〜なんて言わないでください>< 餃子の材料を手に入れるのがまず一苦労なんだから!

なんと言っても皮を入手するのが大変。冷凍の皮がベラジ (Belle Asie)に売ってあるけれど、我が家からは遠すぎてバス買いに行ったら帰り着く頃には解凍(汗)数ヶ月前に街の中心部 (la rue Vasselot)にオープンしたアジア食料品店 "Piment rouge"にも置いてあることを知ったけれど、冷凍食品用の保存バッグなどは扱っていないそうで、冷食を買うとなると家からバッグ(かさばるやつ)を持って行かなきゃ…というのが面倒でした。

でもバンちゃんの誕生日を機に、張り切ってIKEA製の保冷バッグを手に買いに行ったんですよ、餃子の皮だけを!お店を出た後ダッシュで帰りのバスに乗って、無事に溶けることなくお持ち帰りできました。それほどの想いと苦労が詰まっているのですよ〜。

この餃子に!!
今回は白菜でなく下茹でした新キャベツのみじん切りを入れました。
程よい歯ごたえとほんのりした甘さが効いていて美味しかったです。

この日はバンちゃんのお父さん、フィリップ(Philippe)が工事のヘルプに駆けつけてくれたので、家族3人でお祝いでした。フィリップにとっては生まれて初めての餃子!「うまい×2、j'adore !」を連発してほおばってくれました^^もちろん主役のバンちゃんもとっても喜んでくれました

デザートもバンちゃんの大好物のこちら、LE DANIELの
りんごのタルト塩キャラメルソース
今年で20代最後、バンちゃんもついにアラサーですw

バースデーケーキにしてはシンプルすぎますかね(苦笑)フィリップも最初冗談半分に「何これ、フライドポテトのタルト?」なんて言ってましたが、一口食べたら黙ってものすごいスピードで完食しました。それほど美味しかったということですw

中がどうなっているのか、断面図をご覧ください。

サクサク香ばしいパイ生地にアーモンドクリーム、ブルターニュといえばの塩キャラメルソース、そして甘酸っぱく煮たりんごのフレークがたっぷり。甘さと酸味とほんのり塩味がもう絶妙のハーモニーです3人で美味しく×2いただきました^^

このタルトをバースデーケーキにと思い立って誕生日の前日にお店を訪ねたときは、ショーケースにこのタルトは置いていなかったのです。りんごの旬にはまだ早いので覚悟はしていたのですが、諦めきれずに店員さんに質問したところ、工房に電話で問い合わせてくれました。快くOKの返事をもらい、おそらく特別に作ってくれた季節外れのりんごタルト、変わらぬ美味しさで嬉しさもひとしおでした^^

というわけでサプライズは大成功!バンちゃん本人にもフィリップお父さんにも喜んでもらえて何よりです^^働く男たちにはしっかり美味しいものでエネルギー補給してもらわないとね。おかげで?翌日の仕事はとてもスムーズにはかどりました(笑)

2012年5月9日水曜日

My Blog にてご報告

先週から寝室リフォームのため、バカンス中のMiworldです。

でもまあバカンスと言っても、毎日家で(バンちゃんが)作業をしているだけなので、役立たずの私は学校の事務手伝いなどを買って出て過ごしています。本当はレッスンしたいんだけど、いつ電動ノコギリやドリルが登場するかわからないし、人の出入りも多いので落ち着いてレッスンは無理ですね…

事務仕事以外は時間にゆとりがあるので、働く夫に栄養のあるものをと、クックパッドで新レシピを探して試したり…いつもより主婦業に時間をかけている今日この頃です。

時間があるのでBlogの更新もしようか、はてあのことは自分のBlogで報告したっけ?Facebookやmixiでは親しい友人限定でだいぶ前にしたけれど、たぶんBlogではしてないはず…というわけで、突然ですが(ご存知の方には今更ですが)私からご報告です。

Miworldママンになります!

予定日は10月20日です。現在日本で言うところの5ヶ月にあたります。私の誕生日が9月26日で天秤座なので、予定日どおりだったら同じ星座かな?(どうでもいい?)ともあれ2012年生まれは辰年、ドラゴンってなんとなくカッコいいですよねw 私はファンキー?な申(猿)年なだけに勝手に羨ましいです。うちの母が同じ辰年でちょうど今年還暦を迎えるので、とても喜んでおります。

経過のほうは順調です◎秘や頻◎には悩まされていますが、それ以外は元気そのもの。つわりというものも全くと言っていいほど無く、酷く疲れや眠気を感じることもほとんど無かったので、仕事もペースを落とすことなく続けられています(社長には最初心配されましたが、普通に働いているので安心されたようです^^;)

妊婦特有の気分の浮き沈みや急激に「◎◎が食べたい!」とヒステリー?を起こすといったこともないので、旦那想いの妊婦でしょ(笑)そしてママンに吐き気やイライラを起こさせない、普通の生活を続けさせてくれるbébéちゃんはほんとにママン想いのいい子です彼(または彼女?)のおかげで妊娠初期にもかかわらず一人でパリにも行けたし、ママンは最後の自由なパリ歩きを何の問題も無く楽しむことができました!

まあ婦人科の先生やいろんな先輩ママさんたちから「妊娠は病気じゃないんだから、普通に生活していいよ」と励まされたので、神経質にならないよう、でも禁止事項はちゃんと守りつつ今まで通りの暮らしを送っています。強いて言えば、カルシウム補給のために嫌いなヨーグルトを毎日食べていることでしょうか(苦笑)

でも楽なことばかりではなく、妊娠がわかってしばらく経ってからトラブルというか、体の悩みのようなものが発覚し、万事完璧オーライ!っていう妊婦さんはきっと一人もいない、皆それぞれに何かしらの悩みがあるんだろうな〜って思う今日この頃です。あ、でも妊娠経過はいたって順調で、bébéちゃんも元気なのでご安心を

もうお察しの方もいらっしゃるでしょうが、目下進行中のリフォーム工事は「子供部屋を作る」のが一番の目的です(笑)もうそちらの工事は終わり、昨日から夫婦の寝室に取りかかりました。子供部屋といっても、いかにも壁は子供用〜!なことはせず、シンプルな色に塗り直しただけです。インテリアグッズで子供部屋らしさを演出する予定(むふふ)今のアパートにはあと何年住むかわからないので、売りに出すときに子供がいない若いカップルもターゲットにできるよう、部屋自体はシンプルにしておかないとね(って今から計算高すぎるでしょうかw)

…というわけで長くなりましたが、ご報告でした!これから妊娠を通して感じたこと学んだことなどをBlogでつぶやいたりもしたいので、まずはお知らせしておかないとね。不安もありつつ楽しみな気持ちでいっぱいです。母子共々?これからもMiworldをよろしくお願いいたします^^

2012年5月4日金曜日

ブルターニュならではの見本市

今週からやっと、お天気が回復して陽気が戻って来ました〜

青空ってこんなに美しかったの、太陽の光ってこんなに暖かいの、と当たり前のことを大げさに喜んでしまう今日この頃です(笑)

我が家では4月30日から寝室2つのリフォーム工事に突入しました!バンちゃんが3週間のバカンスを取り、少しずつ作業を進めております。目標は各部屋のクローゼットを機能的にし、壁を塗り直すまたは壁紙を張り替えて私たち好みの寝室に仕上げること。果たして今回はスムーズに行くかどうか…ともあれ出来上がりは楽しみです♪


話は変わりまして今回も数週間前の出来事ですが、海に囲まれたブルターニュならではの見本市 (le salon)へ行って来たので、写真つきでご紹介します。場所は義両親が現在住んでいるロクチュディ (Loctudy)から車で15分ほど行った海沿いの町、ベノデ (Bénodet)。広々とした砂のビーチが美しく、ハイシーズンには多くの人で賑わうちょっとしたリゾート地です(ホテルやレストランもなかなか多い)。

で、なんの見本市かと言いますと、船です!
正確にはクルージング用の小型ヨット??
新品はもちろん中古もあります、新車○台ぶんのお値段…

私たち夫婦は特に関心は無いのですが、お義姉さんの旦那さんが大の海好きで船舶免許も取得しています。いつかヨットを…と前から夢見ているので、彼たっての希望で家族揃って散歩がてら見本市へ行くことになったのです(見るだけね、見るだけ)。

でも上の写真にあるようなヨットは専用の港(ハーバー?)に駐車場ならぬ停泊場を借りなければならず、どこの港も一杯で平均8年待ちだとか!大きすぎて家にも置けないし…となると、ちょっとした海のお散歩に良さそうなのはこういうのでしょう↓

ホバークラフト的なもの?こちらは運転席が革張りのシートで、
乗り心地はなかなか良さそうです。モーターは日本のヤマハ!!
このタイプは軽いし車のガレージにも入るみたいです。
でも今ある車はどこへ??夫婦の間で揉めそうですね〜

まあ今回は見るだけですから、いろんな形&大きさのヨットを見ながらそれに乗っている自分を想像して楽しみましたw あ、でも仮に実現しても船酔いするので乗る機会は少なそう…(特に飲食は厳禁です、トラウマな経験アリです)。

見本市会場の中心には小さいステージが設置されており、
コンサート等が行なわれ賑やかな音楽が流れていました。
地元のお年寄りによるコーラス。おそらく船乗りの歌?
コスチュームはもちろん、マリンボーダーで統一ですw

こちらが噂のヨットハーバー。確かに満車です(苦笑)
月極かしら…いくらするのか気になります(高そう!)

こちらはレース用のヨットたち。フランスでは大企業がヨットチームを持っていることが多く、色やロゴでどこの企業かすぐにわかります。どれもカラフル!手前右のSavéol(サヴェオル=ブルターニュの大手トマト栽培会社)のヨットは赤、黄緑、白にトマトや昆虫のイラストつきで可愛かったです^^

というわけでお義兄さんのおかげでふだん足を運ばない見本市を覗き見できたので、なかなか面白い経験でした。天気も幸い良かったし、じっくり見ているうちに2時間も経ってしまいました、歩き疲れた〜

果たして彼の夢はいつの日か現実のものとなるのでしょうか…?