2012年7月31日火曜日

7月に食べた美味しいもの@Ile-Tudy

この7月、Miworldの胃に収まった美味しいものたちの写真第2弾は、Ile-Tudy(イルチュディ)という海辺の小さい村のレストランで食べたものです。

まず、イルチュディってどこ!?場所はフィニステール県南部、
カンペールのさらに南、地図下の円に囲まれた辺りにあります。


イルチュディは下の写真にもあるように細長〜い半島の上に位置する村で、その対岸に見える港&集落はバンちゃんのご両親が現在住んでいる Loctudy(ロクチュディ)です。イルチュディへは15分ごとに連絡船が行き来するので、大人往復3€を払って対岸へ渡ります。所要時間わずか5分(笑)

義両親のお勧めで連れて行ってもらったのは…何ていう名前のレストランだったっけ(汗)とにかく船着き場の目の前にある広場の、右手に位置するホテルレストランです。1階がタバコ屋さん兼バー、入って右に進むと広いレストランになっています。

バンちゃんが食べたラングスティーヌ(手長エビ?)のグリル。

ご存知でしょうか、ロックチュディはラングスティーヌの水揚げ量フランス一を誇る港町です!毎日夕方5〜6時から港の直売店で新鮮な生きたラングスティーヌが安く買えます^^近隣の大型スーパーの鮮魚コーナーでも同じように新鮮な魚介が手に入るので、海沿いのスーパーは侮れません!

私とお義父さんフィリップが食べたブルターニュ産オマール海老!
一人半尾!オマールの味噌から作られた濃厚なソースがかかっています。身がプリプリで美味しかった〜幸せ付け合わせのキノコもジャガイモも何から何までバターで火を通してあったので、乳製品が苦手な私の胃にはどっかり来たけど、それでも美味しく食べられました!パンをスポンジ代わりにソースを染み込ませ、最後の一滴まで堪能しましたw

デザートに食べた、久しぶりのプロフィットロール。
バニラアイス以外はシュー皮もチョコレートソースもホイップクリームも、すべてレストランのお手製と思われます!最近出来合いのものを使うレストランが増えているので、手作りのデザートは嬉しい限り。実は生クリームも駄目な人間ですが、ほんのりバニラ風味でふわっと軽く泡立ててあったので、ソースと一緒に美味しくいただきました


私以外の全員が頼んだ苺&たっぷりのホイップクリーム!
器になっている茶色いもの、食べられます!おそらく自家製で、ブルターニュの有塩バターと砕いたナッツなどを混ぜて焼いた薄手のクッキー。バターと砂糖がキャラメル状になってしっとり香ばしく、ホイップクリームとの相性良すぎです味見させてもらったけど、この器が一番美味しかったかも(笑)

…というわけでメイン&デザートだけで軽く2食ぶんのカロリーと脂肪を摂取した気分です^^;幸いランチに食べたので、食後の散歩で消化を助けることができてホッ。夜に食べていたら翌朝は100%胃もたれ決定ですなぁ。ザ・フランス料理といったこってりの味付けですが、これはこれで美味しいものですね。

フィニステール南部は可愛い港町や村がたくさんあるので、機会があれば是非訪れてみてください。新鮮なラングスティーヌは是非お勧め!ロクチュディで舌が肥えてしまい、レンヌではラングスティーヌを買わなくなったうちら夫婦です^^;

2012年7月29日日曜日

7月に食べた美味しいもの@Rennes

7月は来客やお出かけで外食する機会がいつもより多かったので、撮り溜めた美味しい食べ物の写真を公開する、というだけのコーナー(苦笑)今回はレンヌで食べた美味しいものたちで〜す。

Cabillaud(マダラ)の蒸し焼きゴマ風味@ "Le Bocal"
焼き加減カンペキ、ぷりぷりボカルは付け合わせのお野菜がこれまた美味しいのでいつも満足です^^ズッキーニを絶妙な歯ごたえを残して火を通し、スパイスで味付けしてありました。ああ美味しい、ヘルシー

続きまして、お隣 "Ar Pillig"の期間限定クレープ、
ルバーブのコンポートバニラ風味&苺のマリネ

隣の席に座っていたお客さんが食べているのを見て美味しそう〜と注文したクレープ。フランスに住んで9年ですが、今まで食べたデザートクレープの中で一番美味しいと思った一枚!この2週間後にまた足を運んだのですが、期間終了していました(涙)来年も是非同じクレープを作ってほしい!


3枚目は鯛のロースト野菜入りクスクス添え@ "Tire-Bouchon"
ここの魚料理もボカル同様シンプルかつ上手に調理されていて、フランス料理にありがちな生クリームorバター入りこってりソースに覆われていないので、素材の味を堪能することができます。そしてこちらも付け合わせが美味しいのが魅力クスクスの中に柔らかく煮た人参が混ぜてあって、ほんのり酸味の利いた味付けになっていました^^

桃のコンポート入り冷たいスープ、アーモンド風味のアイスクリーム添え。
牛乳嫌いの私にはちょっとミルクの匂いが気になったけれど、フレッシュな牛乳で手作りされたものということなのでしょう!桃のコンポートはバニラの風味とちょうどいい酸味が心地よくて美味しかったです

最後の一枚も同じビストロにて(笑)
Lieu Jaune(タラ科の白身魚)のロースト
外食のときはついつい魚料理ばっかり頼んでしまいます(苦笑)だって家では食べる機会が少ないんだもん。プリプリの食感はプロにしか出せないしねぇ。この日の付け合わせはズッキーニのシンプルなソテー。味付けも歯ごたえもちょうど良く、お魚と一緒に美味しくいただきました

この日のレンヌは快晴&真夏日!サンタンヌ広場にて。

外食が多かった7月は体重も大きく増えたかな〜と期待したものの、暑さの中で外を歩くことも多かったためか、かえって少し痩せちゃいました^^;ぼくちゃんだけは順調に大きくなっていることを祈るばかり。耳のパカパカは相変わらずです(とほほ)。

というか最近、レンヌではこの3軒しか行かないような気がする…まあお気に入りのお店があるのはいいことかな?他にもお勧めのレストランやビストロがあればどなたかおしえてください^^野菜がたくさん食べられて、素材の味を楽しめるところが希望で〜す。

2012年7月28日土曜日

マイナートラブルは続く

今日から10日ほど、夏休みをもらってのんびりしています。といってもどこか旅行へ行くでもなく、30日からバンちゃんの実家で食っちゃ寝を繰り返す予定(笑)ルマンからお兄さん家族もやって来るので、今回は甥っ子たちも増えて賑やかになりそうです。

昨日の27日にはロンドン五輪が開幕しましたね開幕式というものを初めて最初からじっくり見ましたが、今回のセレモニーは豪華さとセンスの良さにびっくり!英国文明の歴史と文化の誇りが凝縮された内容で、映像も音楽も演出もスタイリッシュでユーモアがあって、大いに楽しませてもらいました!

ロンドンとフランスの時差はたった1時間、ほぼリアルタイムで競技が見れる〜と喜んだのも束の間。やはりここはフランス、自国の選手が出場している競技ばかりが放送され、日本人の活躍が期待される種目は(フランス人の出番が無い限り)スルー。そりゃそうだよねと納得しつつも、変にイライラが溜まってしまい、もう見るのやめようかな…

せめて男子平泳ぎ100m決勝は放送してくれ〜!


…と前置きが長くなりましたが、今回のテーマはまだまだ続く、妊娠中のマイナートラブル。前回は「足のむくみ」について触れましたが、実はあと2つほど悩まされているものがあるんです。1つは数年前から持っている左耳の持病?の悪化で、もう1つは最近気づいてネットで調べたら妊娠が原因だと発覚。ああ〜厄介だ。

1つめは耳管開放症という奇妙な名前のもの。車や電車に乗っているときにトンネルなどの狭い空間に入ると耳が詰まるような感覚がありますよね?それを開放するために鼻をつまんだりして「耳抜き」をすると思いますが、その耳抜き状態がずーっと続くのが耳管開放症です。自分の声が耳や頭の中に大きく反響して、とっても気持ちが悪い…

詳しい症状や原因を知りたい方、星マークをクリック→

私の場合数年前に発症して、たまーに耳がパカパカ開く感覚に襲われていたのですが、ここ数ヶ月は毎日午後になると頻繁に起こります。開いた耳管を閉じるには鼻をつまんで鼻息を吸うとキュっと一時的に塞がるのですが、口を少しでも大きめに開いたりするとまたパカっと…最近はフランス語のレッスン中に何度も起こるので、生徒様が下を向いている隙を狙って鼻をつまんでばかりいます><

耳管開放症の原因の一つとして挙げられるのが、急激な体重減少。私の場合も発症の原因はこれに当てはまります。大学院の修士論文2本を書いていた頃、毎日ストレスと緊張状態で4ヶ月近く食欲が無く、いつの間にか痩せていたようです。体重減少と同時に耳管の周りの組織も痩せて耳の締まり(?)が悪くなったらしく、大学院を卒業してしばらくしてから耳がパカパカし始めました。

そしてこの耳管開放症、妊娠中に悪化しやすいのだそうです!お腹が大きくなるにつれて体重は少しずつ増えているのは確かですが、やはり栄養や水分が赤ちゃんのほうに持って行かれるのか、耳管は更に緩んでしまっているよう…

特効薬や具体的な治療法は無く、原因が痩せ過ぎなら適正な体重に戻すことが解決策の一つであろうという説得力の無さ。症状を和らげるには頭を下げて血液を耳のほうに向かわせる、横になる、などいろいろありますが、働いている最中はどれも実行不可能なわけで…もっと太るしかないのかなぁ。間もなく妊娠8ヶ月で今のところ体重の増加は5kg弱、過去最高体重を超えたので自分としてはかなり太ったつもりだけど、実は足りないのかもしれません。でも無理して太るというのも、あまりいい気分しないですよね〜


で、2つめ(トータルでは3つめ)のマイナートラブルは、膝小僧や足首にできている痒い発疹のようなもの。最初は何かの虫に食われたのかな?と気にせずポリポリ掻いていたのですが、いつまでたっても痒いし両足にあるのも変だと思い、インターネットで検索したところ…

どうやら妊娠性痒疹というものみたいです。ホルモンバランスの変化が原因と言われますが、一説では男の子を妊娠している場合やお腹の子と血液型が違う場合など、母親と胎児の間に生物的な相違があると一種の拒絶反応として発疹が出るらしい!?症状が酷い人は体中、顔や頭皮にも発疹が広がり、無意識のうちに掻きすぎて出血やただれが…ひー!幸いそこまでの症状ではないものの、夜寝る前など無性に掻きたい衝動に駆られるので、掻かずにさする程度にしてなんとか凌いでいます。出産後に治まるものらしいけれど、あと3ヶ月も付き合わなきゃいけないと思うとげんなり↓↓いつの間にか消えてた〜なんてことになってくれないかなぁ。

…というわけで、お腹のぼくちゃんはいたって元気です(だと思います)が、ママはこういったマイナートラブルに悩まされております。母親になるための試練というやつでしょうか、くぅ〜負けないぞう!

ひょっとしたら仕事疲れや睡眠不足(妊娠前と同じ睡眠時間)も影響しているかもしれないので、とりあえずこの休み中は頭をカラッポにし、たらふく食べてしっかり寝ようと思います。旦那の実家でこれほど怠け者な嫁は珍しいでしょう^^;

2012年7月20日金曜日

夏のSoldes、今年は…

気がつけばもう7月、しかも下旬に突入してしまいました^^;土日にゆっくりできる時間が無いとプライベートのBlogはなかなか更新できませんね(苦笑)ここ最近の週末は来客があったりバンちゃんの実家で過ごしたり、何かと楽しく忙しくしていました。「便りが無いのは元気な証拠」とは言ったもので、私は元気ですww

今週末は久しぶりにレンヌの我が家で夫婦2人だけなので、ここ数週間に撮り貯めた写真を古い順に、そしてジャンル別?に紹介しようと思っております。相変わらず自己満足のBlogですが、それでも読んでやってもいいよ〜という方はお付き合いくださいませ。


さて、まずは毎年6月の最終水曜日に始まるビッグイベント、夏のソルド (Soldes、いわゆるセール)について。レンヌでは毎年このソルド初日に街中のブティックが大規模なワゴンセールを行うので、2006年以来6年連続で早朝から街へ繰り出していたのですが、今年はコレ(お腹)がアレ(重たい)なもので^^;人ごみの中でぶつかったり転んだりするのも怖いし、前回冬のセールでEshopに味を占めたのもあり、今年は自宅のパソコンから参戦しました(もちろん早朝スタート!朝9時のレッスンを潰しましたw)


今回のソルドで狙っていたのは、自分用の夏物ではなく、「我が子のためのベビー服」です!初めての買い物でドキドキ…まずは新生児に欠かせないパジャマをゲットすべく、フランスのベビー服ブランドの王道 Petit Bateau(プチバトー)のEshopと数日、いや数週間前からにらめっこ。欲しいデザインやサイズなどを紙にメモまでして、当日はEshopソルド開始の8時から45分遅れて来店?しました。

初日の戦利品はこちらの3着+帽子

どれも上質の綿100%、プチバトーのベビー肌着は「第2の肌」とも呼ばれるほど手触り滑らかで丈夫な作り!どれも可愛いでしょ(完全に自己満足)男の子用とはいえ、もし2番目が女の子でも着れるように(気が早すぎ!)、ブルー系の色は避けて白、赤、グレーなどユニセックスの色にこだわっています、一応。そして先輩ママさんたちお勧めの「前(またはサイド)開き」!着脱がとっても楽みたいです、そりゃそうだ。

でもね、本当は初日に5着買うつもりだったのです。開始45分後なんて早いもんでしょうと余裕でEshopに行ったら、1〜3ヶ月用のパジャマは既に品切れ続出!ええっ、フランスのママさんたちどんだけ気合い入ってるんだ…いやとにかく私が甘かったです↓↓たしかに、店舗に足を運んでもソルド初日は長蛇の列だったもんなぁ。朝からちょっぴりフラストレーションが溜まってしまったMiworldです(苦笑)

まあそんなこんなで今年のソルド初日はEshopを何軒かハシゴし、自分用にお腹が大きくても着れそうなワンピースを2着購入。今年はいつもの Cotélac にコレ!という物が無かったので大きな出費も無く、地味にセール終了かな〜と思っていた矢先、後日レンヌのプチバトーにふらっと入ったところ運命の出逢い

一番欲しかったのに売り切れで諦めたパジャマ!

襟とボタン周り、ポケットが細かいストライプ柄で、船(バトー)の刺繍がキュートいかにも男の子用なデザインだけど、こいつは一目惚れしたから特別!と買う気満々だっただけに、「売り切れ」を見たときは激しくがっかり…そして奇跡的にも出逢えたことにテンション↑↑!!お会計のとき店員さんに「欲しかったのにEshopで売り切れてて、見つかって嬉しいんです」と熱い想いを訴えたところ、「あ、そう」とあっさりかわされてしまいました(苦笑)いや〜でも嬉しい、最後の一着だったから余計に!


そしてまだまだ続く「残り物には福がある」現象w先日パリから遊びに来てくれた高校からの親友まりちゃんと街ブラしたとき、やっぱり入ってしまったプチバトーでまたまた掘り出し物に遭遇写真左の紺のカーディガン(半額!)です。


うちのぼくちゃんは秋に生まれて来るため、その後の肌寒い季節に備えて羽織ものは重宝するかなぁとカーディガン(もちろん前開きw)を探していたので、男女兼用で着れそうな紺色は嬉しい限り^^ちなみに写真右のオシャレなカーディガンと超キュートなくまさん親子はまりちゃんからのプレゼントパリの "Bonpoint"というブランドのもので、子供服を中心に扱っています。この前パリへ行ったときブティックに足を運んでみたけど、あまりの可愛さ(と値段の可愛くなさ)に目眩がしたほど。そのとき「Bonpoint の服をプレゼントするよ」と言い、まさに有言実行してくれたまりちゃん、感謝ですしかも長年の付き合いだけあって、私の好みわかってる〜!大事に大事にさせていただきます^^

…というわけで、ソルドで買ったものごときに長々と書いてしまいましたが、それだけショッピングが好きな人間なんだな、とお察しいただければ幸いです(苦笑)実はベビー服だけに留まらず、ベビーベッド周りの小物なんかもEshopで買っていたりしてwすべてBlogに載せてしまうと子供部屋完成のご報告に驚きも楽しみも無いので、もうしばらくお待ちを。今週末からぼちぼち、子供部屋のインテリアを真面目に考えよう、と重い腰を上げつつあるインドア夫婦です(笑)