2015年7月27日月曜日

勝手に大忙しの7月

6月終わりから7月前半にかけて、ちょこちょこっとブログを更新し、また3週間以上放置してしまいましたが、この2015年 7月、「空白の3週間」には理由がありまして…

誰にも頼まれていないのに(ここ重要)、1ヶ月ぶんの仕事を2週間で終わらせるという超無謀な計画を立て、その達成に向けて7月半ばから1日8時間以上パソコンに向かっておりました(普段は5時間ちょっとの実務労働です)。

ユーゴを迎えに行ってから夕飯の支度ギリギリまで仕事、夜ユーゴを寝かしつけてから1〜2時間仕事、土日も夜は1〜2時間、7月26日の日曜日はバンちゃんとユーゴを義両親の家に追いやって(いや、行ってもらって)、10時間近く仕事!

この日は20000字書きました、新記録!

400字詰めの原稿用紙50枚ぶんだから、
キーボードの早打ち上達したな〜(苦笑)

残業ではなく、フリーランスなので、働けば働くほど収入は増えるのですが、それでも子育てしながら家事をしながらの労働時間大幅アップはかなりしんどいです。まあここ3週間は食事の支度と洗濯掃除はかなり手抜きさせてもらいましたが…

なんでこんな事態になったのかと言いますと、8月1日からユーゴの保育ママさんが3週間夏のバカンスを取るため、この期間はユーゴの世話をしながらの仕事となり、集中力や静かな環境を要する作業はできない…それに、3週間のうち何日かは私も休みを取って、ユーゴとのんびり過ごしたい。

というわけでやけに急ですが、8 月終わりに持ち越そうと思っていた仕事をすべて、7月31 日までに終わらせようと勝手に奮い立ち、この3週間もがいていたわけです。この挑戦を聞いた社長も同僚も一同びっくり、そりゃそうです、普段の倍のペースだもんね。

久しぶりに締め切りに追われる日々を送りましたが、30代半ばになっても、本気でやればできるもんです。苦労の甲斐あって、計画より少し余裕を持って目標クリアできそう!今週(7月最後の週)は、深夜の作業抜きで大丈夫そうなので、

3週間ぶりにブログ更新笑

ああでも、こういう仕事の仕方は一度きりにしたい…
今後はもっと前もって、ペース配分を考えておかねば。

今回の無謀な挑戦を通して、自分を追い込むことにちょっとした快感を覚えた手前、私はやっぱり(?)M体質なのかなぁと思いました(苦笑)ともあれ頑張った自分を褒めてあげたいです、できると信じてやればできる。

そんなこんなで、今年の夏は今のところ夏休みらしいことがほぼ何もできていませんが、7月に頑張って仕事したぶん、8月半ばごろにちょっと羽を伸ばせたらな 〜

2015年7月4日土曜日

意外なところに Bordier ボルディエバター

ある土曜日の午後、日帰りで遊びに来ていた義両親と一緒に、ブレストから北へ車で20分少しのところにある町、Lannilisラニリスへドライブに行きました。

海が近く、町は小ぶりだけれどなんでも揃っていて、住みやすそうな雰囲気で、以前から気に入っているところです。おまけに、私たちの結婚式ディナーはラニリスのレストランで開いたので、何かと思い入れがある場所なのです(そのレストランは数年前に閉店してしまい、残念で仕方がないけれど…)。

義父のフィリップが、「ラニリスの中心にある青いパン屋はすごく美味しい、クリスマス時期にはブレストからディナー用のパンを買い求めに人が大勢やって来る」と言うので、どんなもんかと立ち寄ってみました。

Traditionトラディションを半分買って、大人4人でお店の外で味見したところ…残りを取り合いになるほどの美味しさ(笑)外側はサクサクで香ばしく、中はしっとり。遠くから買いに来る人が多いわけだ〜と納得のバゲットです!

店内にずらりと並んだパン、菓子パン、ブリオッシュ、焼き菓子、スイーツも、どれも美味しそう…とショーケースを見ていたら、意外なものを発見!(タイトルに書いてしまってネタバレですが苦笑)

ブルターニュが全国に誇る逸品、
Le Beurre Bordier ボルディエバター!

























…と興奮気味に書いたものの、生バターが嫌いな私は食べたことがありません(汗)ただ、名前を頻繁に聞くのと、以前テレビで製造過程を見たら「これは間違いなくおいしいわ〜」という映像だったので、気になる存在ではありました。

ネット検索してみたら、三ツ星レストランで使われているとか、海藻や赤唐辛子や柚子入りなど様々なフレーバーがあるとかで、私もこのバターなら、長年のバター嫌いを克服できるかも!?とにわかに思えてしまいます。とにかくそんな高級バターが、パン屋のショーケースに並んでいたのです!

つい先日、ブレストに長く住んでいる知人の方に、「ボルディエのバターを買いたかったら、ブレストの◎◎(←名前をもう忘れてしまった汗)というお店に行くといいですよ」とおしえてもらったばかりで、「そうか〜売っている場所を知らなくては、簡単に手に入らないものなんだ」とその希少さに納得したばかり。それだけに、え、こんな小さい町のパン屋に売ってるの?とびっくりでした。

横にいた義母のアニーに「ボルディエのバターが売ってある、高級なんだよ、すごく美味しいんだよ!」と言ったものの、「なにそれ?」な反応。たしかに、ボルディエバターのことは日本人からしか聞いたことがないんだよね…日本人、どんだけ美味しいものに目がないんだろう、それが地球の裏側にあるものでも。うーん、あっぱれ。

そんなバターを堂々と店頭に並べるあたり、ラニリスの青いパン屋はよっぽどパンの味に自信があるのかもしれません。「極上のパンには、極上のバターを」、みたいなキャッチフレーズが聞こえてきそう。

この日は急いでいたので、バターの値段も確かめずパン屋さんを後にしましたが、いつかラニリスの青いパン屋の焼きたてバゲットにボルディエのバターを塗って、食べてみたいです!本当に、生バターをいつか好きになれたらいいなぁ…

というわけで、ブレスト近郊にお住いのみなさん、
ボルディエのバターはラニリスの青いパン屋でも買えまーす^^

2015年7月1日水曜日

2年ぶりの餃子

ブレストのアジア食品店、Asie d'or アジ・ドールに「冷凍餃子の皮」が売ってあるのを発見したので、ブレストに引っ越して以来初めて餃子を作りました!

韓国製です。「水餃皮」とあるので厚め水餃子用かも?

韓国人の友人パクさんに写真を見てもらったら、これは「もち米入り餃子の皮」だそうで、水餃子に限ったものではないとか。韓国でも餃子は家庭料理としてポピュラーみたいで、お雑煮の具になることもあるらしい!そもそも、韓国にもお雑煮を食べる風習があるというのにびっくり、さすがお隣の国ですねぇ。

焼く前の餃子たち、ずら〜り。私の包み方は、
左右から中心に向かって2回折り目を入れます。
中身は豚ひき肉、キャベツ、ポロねぎ、
すりおろし生姜、醤油と黒胡椒を少々。

久しぶりでしたが、綺麗に焼けました♡
この日はキリン一番搾りと一緒に〜!

近くから撮ってみました、餃子好きすぎる♡

少し余ったので、翌日のお昼に水餃子〜♫
もち米入りとあって、茹でるとモチモチ感アップ!
さっぱりで美味しかったです、水餃子もいいなぁ。

こちらの餃子の皮、とりあえず4パック買ったので、月に1回は「餃子の日」を楽しめそうです(ってもう2週連続で餃子作ったけど笑)。アジドールがこれからも定期的に仕入れてくれるよう、よく売れる商品であることをアピールしなくては!

Quimper カンペール在住のお知り合いがさっそく、ブレストにいらした際に5パックお買い上げされたそうです。私もそのうち補充に行かなくては〜