2015年8月22日土曜日

夏休み2015 その2.巨大な水車 Le Moulin de Keriolet

8月16日から4日間、Loctudyロクチュディの義両親宅にお世話になりました。滞在中は天気がいい日を狙って、お昼からドライブへ。この日のお目当ては、海辺の谷間にある巨大水車 Le Moulin de Keriolet(ル・ムーラン・ドゥ・ケリオレ)。

上から見た図。右下から水が流れて行きます。

子どもたちと水車を形どったオブジェ。

水車小屋は中を見学できます!
真ん中のピラミッドを逆さにしたような部分に麦を入れ、
下の大きなひき臼?が挽いてくれます。現在も稼働中!!

下から見上げた図、車輪大きい!

近づいてみると、いよいよ大きい!

この水車、19世紀後半から1950年代まで個人業者(?)が小麦を精製していたそうです。廃業してから自治体の管理下に置かれ、現在は水車の保存と観光アピールを兼ねて小麦を挽き続けているとか。水車小屋内には挽きたての小麦粉やそば粉、ハチミツやジャムなどが売ってあります。

水車がある谷の外へ出ると…広大な海の景色!

ぽつんと立っているのは家ではなく、アトリエです。

長く歩いてお疲れのユーゴ、
おばあちゃんに肩車してもらいました。
アニーおばあちゃんいつもありがとう!

Le Moulin de Kerioletは、Quimperカンペールから北西へ車で40分くらいのところにあります。水車は見る価値十分だし、海を見ながらのハイキングも清々しくて気持ちがいいし、お勧めです^^

0 件のコメント: