2016年11月27日日曜日

タイ料理 Thai Phuket@Brest

気づけば11月も終わりにさしかかっていますが、、、

ブレスト市内においしいタイ料理、
というかアジア料理のお店を見つけたのでご紹介。

「見つけた」も語弊があるな、前からオススメされていて、
やっと機会を得て食べに行けたって感じです!

前菜は、メニューにあると頼んでしまう生春巻き(笑)

奥に見えるのはネム(揚げ春巻き)。ん、どっちもベトナム料理では?
そう、だからタイ料理というより、アジア料理です。

どちらも期待を裏切らない美味しさ、付け合せのサラダやミントが
新鮮でパリパリしているあたり、いい感じです☆

メインは初パッタイ!

甘辛ソースがクセになる美味しさ!
具の中に厚揚げの薄切りが入っていて、懐かしくて嬉しかったです(^^)

写真奥は「牛肉のバジル風味」という炒めもの。
ピリ辛ソースとバジルの香り、柔らかいお肉が白ごはんに合う!

この1週間後にもう一度足を運んで、野菜チャーハンを食べたけど、
フランスで食べた中で一番美味しかったです♡

Thai Phuket(タイ・プーケット)というちょっと安易な名前のお店で、
中心街のど真ん中にあって、100席ぐらいあって大きいので、
「チェーン店っぽいな、まずそうだな」と正直思っていたのですが、
嬉しい勘違いでした(^^;;

内装も綺麗だし、清潔だし、店員さんも感じがいいし、
値段も良心的だし、なんといっても美味しい!

自分のマンネリな料理に飽きたら、
がっつり揚げ物が食べたくなったらここへ行きます(笑)



23-25 Rue de la 2ème Db, 29200 Brest
09 67 34 00 27


2016年11月14日月曜日

10月後半の思い出

バタバタ過ごしていたら、あっという間に11月も半ば。。。

10月後半(というか最後の数日)は、
珍しくプライベートで外に出ることが多かったので、
撮りためた写真をアップします。

まずは、Landerneau(ランデルノ)という町の美術館で開催された、
シャガールの展覧会にアニー&フィリップと行った時の写真。

小さい町だからと高を括っていたら、なんと1時間待ちの行列!
秋休み、展覧会の最終日間際、そしてやっぱりシャガール効果ですな。


結局40分くらい待ちました。
幸い入口の前は広場になっていたので、ユーゴは放牧して凌ぎました。。。

一番ほっこりした絵、タイトル忘れちゃったけど。

これもほっこりしました。


同じ絵〜!というアピール。






青のサーカス。
黄色のサーカス。
イカロスの転落。
あの「勇気ひとつを友にして」のイカロスです!


お水飲みたい〜と訴えるユーゴ。
いやはや、期待以上に大作だらけの(?)展覧会でした!
この美術館、フランス西部を折檻する巨大スーパーLeclerc(ルクレール)財団のもので、
ルクレール家の故郷がランデルノというわけなので、この町に建てられたそうです。

巨大な財団と思われるので、世界的に有名な画家の展覧会も開ける、
かなり素敵な美術館のようですね。いつかピカソ展もやってくれないかなぁ、
うん年前にパリで振られただけにリベンジしたい☆


10月最後の日、31日はハロウィンパーティに参加しました!
ブレスト市内に住むCちゃんが、日仏チルドレンたちのために開いてくれたのです、
壁にこんなデコレーションもしてあって、すごい、本格的!







手作りスイーツもハロウィン仕様、指のクッキーがリアル〜!
爪はアーモンドだそうです、中から血は出てきませんでした(ホッ)。
ユーゴは今年、初めて仮装しました!かぼちゃくんです笑
ロンパースで細長いので、かぼちゃというよりニンジンですね。。。
























Cちゃんちのアパルトマンは広々として部屋がいくつもあるので、
大人たちはお菓子を持って各部屋にスタンバイし、子供たちはノックして回る仕組み。

お昼から夕方5時までひたすら食べ続けて、お腹はち切れそうでした^^;

最後に、配り損ねた我が家のお菓子たち。




















この日の夜、近所の子達が来るからと思って用意していたのですが、
急きょ外食することになり、出かける前に来てくれたのはたったの3人。。。
一人に10個ずつぐらいあげればよかった(おいおい)。

現在すこーしずつ、コーヒーのお供に食べてます。
ハロウィン直後は食べ過ぎのせいで、見るだけで胸やけでした(苦笑)

というわけで10月は仕事にプライベートに外へ出ることが多かったです、
11月からはまたいつもの生活リズムに戻ったので、ハイつまり引きこもりです^^;